FC2ブログ

北海道開拓史の一面 

小松秀樹氏が、facebookで短いながら、興味深いポストを投下し続けている。

北海道開拓に、囚人たちが如何に利用され、そこで生まれた利権を政治家・貴族がどのように私物化していったのか、ということが分かる。

現在偉大な政治家・起業家と目される人物の多くが、腐敗に関与した歴史だ。

この同じメンタリティが、延々と続き、今も政財官に流れているように思えてならない。

以下、小松秀樹氏のfacebookポストを引用~~~

華族組合農場(田端、桑原、船津、関口『北海道の歴史』山川出版)
農地の開拓も、零細農民に対する土地の払い下げから、資本を持つ者への大規模の払い下げに重心が移動しました。

首相を兼ねた三条実美、菊亭修季(ゆきすえ)、蜂須賀茂韶(もちあき)が4万9千町歩の貸下げを北海道庁長官永山武四郎に出願しました。文献には、貴族院議員の構成メンバーとなる華族の経済基盤を強化するためと書かれていましたが、権力を利用した利権獲得にほかなりません。

農場・牧場の経営、農産物の加工、製粉・製糖・製乳を計画。さらに運搬のために、小型蒸気船を購入、運送事業も計画していました。

道庁に以下の3点を申入れました。

・合理的な農場開墾法の設計を道庁側で設計してほしい
・北海道農業に熟練した農場管理人を道庁から派遣してほしい
・農場内の幹線道路や排水を官費で整備してほしい。

無能で自立心を欠き、公共物と官を私物化し、無責任で欲深い。日本の伝統的貴族です。ノブレス・オブリージュはかけらも見当たりません。福沢諭吉が詳細に繰り返し述べているように、日本の伝統の多くは、ろくなものではありません。

明治23年開墾に着手。最初囚人50人を借り受けましたが、以後実現しませんでした。明治24年三条実美が急死。新たな出資者が3名に限られたため、明治26年解散しました。出資割合に応じて、既墾地を配分。雨竜村の全面積に等しい蜂須賀農場が誕生しました。

大規模払い下げは、当初、大農場経営を目指しましたが、運営の意欲、能力に欠けたためか、徐々に大規模小作制に移行しました。このため、北海道は不在地主による全国一の小作地帯になっていきました。

小作争議が頻発し、小林多喜二は『不在地主』を書き、有島武夫はニセコにあった農場を小作人に開放しました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8387-224e7947