FC2ブログ

3回目の2月18日 

亡くなられた方のご家族のこころが癒されますように。医学によって救い得ない命があることを受け入れ、こころの安らぎを取り戻すことができますように。

検察には、真実を見ることなく、ただ裁判に勝つことだけを目指すことのないように。権力が付与されていることの背後にある、社会的な使命を忘れないで頂きたい。

被告席に座る加藤先生には、多くの医療従事者、それ以外の方が背後にいることを確信し、先生の行った医療がベストを尽くしたものであったことを淡々と主張し続けていただきたい。司法による医療の破壊に対して、断固として対峙し続けていただきたい。2年前から変わらぬ気持ちで、支援を続けます。

昨年2月18日の記事

コメント

2/18

初めまして、いつもROMしています。

私も福島事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します

HDsurgery先生

コメントをありがとうございます。関心を持ち続けることが、加藤先生への最大の支援ですね。今後ともよろしくお願いいたします。

変えられるものを変える勇気と
変えられないものを受け入れる寛容と
その両者を見分けることのできる叡智を

…手に入れたい、と願っております。

そうですね。その言葉の重みを感じます。

システムとしてみると、医療界は、十分柔軟に反省をし、改善の努力をしてきたと思うのですが、医療界以外のところでは、医療に関して、硬直したドグマと、先入観で判断してきたところが大きいのではないでしょうか。それで、医療界と、社会とが、齟齬を来たしているように感じます。

一人の医療従事者としては、日々反省し、より良い知恵を求めつつ歩んで行きたいと思います。

加藤先生は、臨床から2年間離れ、収入の道も途絶し、ご家族ともどもどのように過ごされているのでしょうね。

自分も支持します

一刻も早く、正しく冤罪が立証されますように。

鴛泊愁先生

同感です。検察側の鑑定人が、自分の専門領域で医療訴訟を受けて立つ側に立たされたようです。彼が、鑑定人を降りると言えば、状況は劇的に変わるのでしょうが・・・裁判官が、検察の調書を重視したりせず、医学的な議論を理解して、正しい判断を下すのを待ち望むのみです。

心が折れた

加藤先生の逮捕以降、日本の医師の心が折れてしまったように思えます。

そうですね。特に若い医師達は、辛い状況だろうと思います。江原先生には、研究を通して、医療の問題を啓発していっていただきたいと思います。これから、しばらくは焦土のなかを進むような状況でしょうが、その先に、どのような医療を実現するべきなのか、それをどのように実現するのかを考えてゆかなければならないと思います。

昨日も訪問しましたが、その時はコメント気力が尽きていました。

都会で一人産科医勤務という、若干似たような境遇にあります。しかし都会では高次機能病院に丸投げできる症例も、僻地では引き受けざるを得ない事態があるでしょう。私にはとても出来ません。

山口先生

お疲れさまです。

産科の崩壊した地方で、助産師外来を始めるという報道が頻繁に見られるようになりました。周産期に赤ちゃんは、1000人中3名は命を落とす、妊産婦は、10万人中6名が命を落とす現実を、行政と、国民は知らないのでしょうか。この数値も、産婦人科・新生児医療が、必死の思いで頑張って、達成した、世界に誇れる業績でした。200数十例に1例のお産で、生命の危機に陥るとされています。助産師では、それに対応が出来ません。

現時点をピークに、これからはお産で命を失う母子が、数多く出てくることでしょう。

先生へのレスで、余計なことを記してしまいましたが、このようなことを考えると、戦慄が身体を走ります。何たる生命の軽視であることでしょうか。

これから、しばらくの時期、どうぞご自身のお体を大切に、お仕事を続けてください。無理をなさいませんように。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/849-9d0ed644