FC2ブログ

助成金不交付決定プロセスは、人治による 

あいちトリエンナーレ展への文化庁助成金が、一旦決まった後に、取り消しにされた。その決定には、外部委員6名が関与すべきだったが、彼らには何も知らされずに、「トップダウン」で決められた。文化庁では、不交付決定の議事録もない、と言っている。

あいちトリエンナーレに関わった津田大介氏のtweet;

津田大介
@tsuda
議事録がなくさらには不交付の決定を元々採択の決定をした委員会に諮ることなく下しそれを一昨日深夜まで委員に通知していなかった事実を付き合わせると「トップダウン」で不交付が決められたという話にしかならないよね。問題はその「トップ」が長官なのかその「上」なのか。


国の助成金を、まるで自分のポケットから出す私的資金であるかのように扱っている人物が、政府の上層部にいる、ということだ。

行政が法治ではなく、人治になっている。これは恐ろしいことだ。民主主義の根幹が破壊されている。

この不交付決定に反対する署名と、経緯の説明は、こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8501-1a61844d