FC2ブログ

東海第二を再稼働しようとしている日本原電に電力会社が援助する 

東海第二原発が稼働し、深刻事故が起きた場合、半径30km以内に住む100万人の住民はどうなるのか。

この原子力ムラの人間たちは、その責任を取らずに逃げる。

原発は稼働していなくても、毎年数百億円のコストがかかる。それを減らし、再稼働に持ち込みたい一心なのだ。

東京電力には、数兆円の税金が投入され、他の電力会社も原資は電気料金だ。結局、原発事故のリスクを負わされ、実際に事故が起きたら社会的に抹殺される国民が、原子力ムラのために金を出させられている。

これで良いのだろうか。

以下、引用~~~

日本原電に3500億円支援
電力大手5社、東海第2で

2019/10/18 02:01 (JST)10/18 02:02 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

日本原子力発電の東海第2原発=5月、茨城県東海村
 原発専業の日本原子力発電(東京)が再稼働を目指す東海第2原発(茨城県)を巡り、大手電力各社が約3500億円の資金支援をする見通しであることが17日、分かった。東海第2の再稼働に必要な安全対策費が膨らむため支援する。再稼働によって東海第2から電力の供給を受ける東京電力ホールディングスと東北電力のほか、中部電力、北陸電力、関西電力も参加。業界挙げて再稼働を支える枠組みが固まった。

 複数の関係者によると、3500億円のうち、8割を東電と東北電、2割を残りの3社が負担する。3社は原電の敦賀原発(福井県)から電力供給を受けていたなど関係が深く、支援を決めた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8591-98612cac