FC2ブログ

わが国の国際評価の凋落 

こちらのポストで示した通り、わが国の経済的な凋落ぶりは激しい。

この国連による国民の幸福度調査でも、わが国は低迷している。

それに加えて、平和憲法を実質的に無視し、それに反する法律を作り、軍拡を進め、米国の世界戦略に隷従する姿勢は、戦後わが国が営々と築いてきた平和国家像を破壊した。それにより、国際社会での評価が下がっている。

こうしたマクロ・ミクロでの国民の豊かさ、さらに国家としての国際評価が低落し続けていることを表す現象があった。天皇即位礼の際に、世界各国がどのような対応をしたかということだ。米国の派遣した運輸長官というのは、米国政府内で16位のポジション。それだけでも、わが国への評価・期待がどれほど低いかが分かる。

少子高齢化に伴い、国家の経済規模等は縮小せざるを得ない。それをどのように受容し、永続可能な国のシステムを作り上げるべきかが問われているのに、安倍政権は、国民の幸福の度合いを低下させ、さらに国際社会でのわが国の評価を下げるばかりだ。下記引用するブログが示す、天皇即位礼に対する各国の対応が、それを示している。

以下、ブログ「世に倦む日々」から引用~~~

格落ちした日本 - 前回の即位礼と比べて外国賓客が横並びで格下げ

こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8632-a8ff99af