FC2ブログ

新法務大臣、国民目線は無理 

河井前法相の辞任に伴い、新しい法相に就任した森雅子議員。

2006年の安倍首相による福島第一原発の自然災害による深刻事故否定を反省する発言等、彼女は時には良いことも言っているが、結局自公政権の枠内での発言に留まる。

国民目線で、というが、本当にそれを実現できるのだろうか。検察が権力に阿り、その仕事をしていない、または権力の悪行を助ける仕事をしていることは既に明白になった。検察の無気力、腐敗を一掃できるのか。

安倍政権下である限り、それは無理というものだろう。安倍政権は、三権の私物化、とくに検察権力の私物化が顕著。結局、国民目線ではなく、安倍晋三目線になってしまうはず。

検察が権力に阿る姿勢は、国家にとりきわめて危険なこと。やはり安倍政権を、一刻も早く倒す必要がある。

NHK NEWS WEBより引用~~~

森法相 就任で訓示「常に国民目線で正義実現を」
2019年11月1日 15時58分

河井前法務大臣の辞任を受けて、新たに就任した森法務大臣は、法務省の幹部職員に対し常に国民目線に立ち、正義を実現する意思を強く持って職務に取り組むよう訓示しました。

新たに就任した森法務大臣は1日午後、法務省の幹部職員およそ100人を前に訓示しました。

この中で、森大臣は「国家の礎を守る法務省で、皆さんと一緒に仕事をすることを大変誇りに思っている。弁護士としての実務経験も生かして、法務行政をしっかりと前に進めていきたい」と決意を述べました。

そのうえで「新たな時代で法務行政が直面する問題は、児童虐待や家族法制など多岐にわたる。国民の声をしっかりと聞きながら、常に国民目線に立ってほしい。困難を抱える人を1人でも減らし、正義を実現するという意思を強く持って職務に取り組んでもらいたい」と呼びかけました。

これに先立ち、森法務大臣は閣議のあとの記者会見で「法務省の各法案についてご理解いただけるように、国会審議において、しんしかつ丁寧な説明をしていきたい」と述べました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8672-3cc9312d