FC2ブログ

見通しは暗い 

先月の経済指標が幾つか公表されている。

2020年3月期の決算見通しの下方修正が製造業で相次ぎ、125社で1兆円に達する勢いらしい。世界経済の減速が背景にある。

先月の自動車売り上げは、同月前年比で25%前後の落ち込み。デパートの売り上げも前月比で15%弱の低下。

株価は結構な高さを維持しているが、日銀・GPIFによる買い支えなのではないだろうか。明らかに市場の状況と乖離している。この官製相場からの出口がなくなりつつある。官製相場を続ければ続けるほど、その後の傷口は深くなる。

その一方、社会保障・医療面での切り下げも次々公表されている。政府は社会保障予算を昨年の1200億円引き下げに引き続き、1300億円引き下げる。国保保険料の上限が引き上げられ、高齢者の医療費自己負担が2割に増やされる。生活保護の引き下げも額は大きくないものの、2012年以降確実に続けられている。セーフティネットの底が抜けている。

そして、岸田政調会長は、消費税は10%を超えて増税することをテレビ番組で述べた。経団連はかねて19%まで上げることを主張している。経団連の「提言」は、実質的に政府への「命令」であり、この政調会長発言は、それを反映したものだ。

で、企業の内部留保は460兆円を超えた。安倍政権になって海外への援助は60兆円。賄賂を使って誘致したオリンピックの予算は7000億円から3兆円まで膨らんだ。森友学園・加計学園疑惑のように、安倍首相は私的な関係者に国の財をばら撒き続けている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8680-375b9b6b