FC2ブログ

台風被害癒えず 

台風という一見一過性に見える災害でも、大きな被害を残した。計103名死亡、5名行方不明、2800名の避難者。寒さが強まる状況で、まだ劣悪な生活環境の避難所で集団生活を強いられている方が、これほどいることに心が痛む。

スポーツ、それに皇室行事であたかもバブルの絶頂で浮かれているかのような様子だが、日本の国力は落ち、自然災害への対応が十分取れぬようになっている。台風などの自然災害は、再び確実にやって来る。その備えを、政治はする積りはあるのだろうか。

最近、身近で気になることがある。新たな道路建設が多く行われている。既存の立派な道路から1ないし2km程度しか離れていないところで、車両の走行量がそれほど多くない場所に、立派な道路を新たに建設し始めている。私の住んでいる場所から、2,3kmの範囲で少なくとも二ヵ所新たに道路建設が始められた。ともに並行に走る、または近傍の立派な国道・県道がある場所だ。この田舎でそうなのだから、他の地域ではさらに多いのではないだろうか。道路建設も必要な場所はあるのかもしれないが、こうした新たな建設は何時頃計画されたのか、今後も需要が見込めるのだろうか。さらに、道路をつくると、メンテナンスのコストが今後ずっとかかることになる。将来世代への負の遺産になりかねない。

そうした道路建設の予算を、自然災害・被災者対応に回せないだろうか。

以下、引用~~~

台風 なお2800人が避難所に

2019年11月11日 18時33分 毎日新聞

台風被害1カ月 なお10都県2800人が避難所に

 台風19、21号の影響で、10都県の約2800人が避難所に身を寄せている。被災した住宅は31都道府県で9万830棟に上る。毎日新聞の集計で、台風19号では13都県の90人が死亡し、5人が行方不明となっている。25日に接近した台風21号に伴う大雨では2県の13人が死亡した。

 国土交通省によると、台風19号による土砂災害(8日午前7時現在)は20都県で884件発生し、一つの台風がもたらした被害としては記録が残る1982年以降で最多だ。都県別では、宮城292件▽岩手97件▽福島93件――の順に多い。これまでの最多は2004年の台風23号(800件)。一つの災害としては昨年の西日本豪雨(2581件)が最も多い。

 堤防が決壊した140カ所(71河川)の仮堤防は8日までに全て完成した。鉄道は、JR両毛線が11日に運転を再開したが、7事業者11路線で運休が続いている。【松本惇】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8714-42dc5d2c