FC2ブログ

「桜を見る会」疑惑も、隠蔽・改ざんそして虚偽 

「桜を見る会」被招待者記録を早速廃棄したと、内閣府は言っている。

だが、総務省の標準文書保存期間基準(保存期間表)では、「桜を見る会」被招待者の選考の経緯は10年と明記されている。

政府は、これまでのモリカケ疑惑等と同様に、隠蔽・改ざんそして虚偽で、この問題をやり過ごそうとしている。

それを許していては、この国が持たない。それを、痛切に感じる。

以下、引用~~~

桜を見る会“招待者の基準が不透明”野党の追及チーム初会合
   2019年11月12日 NHK

総理大臣主催の「桜を見る会」について、野党側の追及チームの初会合が開かれ、出席した議員からは、招待者を選ぶ基準が不透明だとして、名簿などを示すよう求める意見や、府省庁ごとに招待者の枠があるのではないかといった指摘が相次ぎました。

総理大臣主催で毎年開かれている「桜を見る会」について、野党側は12日、追及チームの初会合を開き、内閣府などからヒアリングを行いました。

出席した議員からは、招待者を選ぶ基準が不透明だとして、名簿などを示すよう求める意見が相次ぎましたが、内閣府の担当者は「保存期間が1年未満であり、使用目的を終え、膨大な量になることから、文書、電子媒体のいずれも廃棄した」と答えました。

また、議員が、各府省庁ごとに招待者の枠があるのではないか、と指摘したのに対し、担当者は「業務に支障が出るため、枠があるかないかも含めて、答弁を差し控える」と述べました。

さらに、議員から「安倍総理大臣の事務所を通せば数百人規模で参加できる枠があるのか」と問われると、担当者は、「個々の招待者については個人情報なので、答えを差し控える」と述べました。

立民 枝野代表
「本丸直撃の案件だ」
立憲民主党の枝野代表は、党の常任幹事会で、「今までとは質が違う、本丸直撃の案件だ。安倍総理大臣が説明責任を果たすことから逃げようと思えば、遠からず『桜疑惑解散』に打って出る。そこに向けて、備えを強化しなければならない」と述べました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8720-c6a19a5a