FC2ブログ

「桜を見る会」来年中止だそうだ・・・ 

「桜を見る会」が、安倍首相の判断で来年中止になった。つい先日、同会には意義があるとしており、批判に耳を傾けない姿勢だったのに、何たる変わり身の早さ、節操のなさ。

今年の「桜を見る会」で、安倍首相は、次のように挨拶したそうだ。

『皆さんとともに政権を奪還してから7回目の「桜を見る会」になりました』

もう、この問題では積んでいる。自分の支援者、後援会の多くの人々のために、公費を用いてこの催しを行ったことが明らかになっている。

安倍首相は、来年中止として、公職選挙法違反の問題等には触れずに突破する積りなのかもしれない。それを、国民が良しとするかどうかだ。

「桜を見る会前夜祭」に5000円徴収し、安倍首相後援会は「儲けた」と私は過去のポストに記したが、あれは間違い。訂正したい。一流ホテルで飲み食いしたら、その金額ではとても収まらない。その催しの会計報告がどこにもなされていない。

以下、引用~~

桜を見る会、来年は中止 「首相私物化」批判の回避狙う

2019年11月13日 21時18分

 政府は13日、公費により首相が主催する2020年の「桜を見る会」を中止すると発表した。菅義偉官房長官が午後の記者会見で「招待基準の明確化やプロセスの透明化を検討し、予算や招待人数を含めて全般的に見直す」と明らかにした。招待者数や予算額を縮小する方向だ。安倍晋三首相の地元支援者が多数参加したと指摘される中、異例の判断に追い込まれた。「私物化」との批判回避が狙い。野党は第2次安倍政権以降、開催規模が膨張した経緯などを引き続き追及する。

 桜を見る会を巡り、首相の事務所名が記載され、地元・山口県の後援会関係者に届いた案内文の内容も判明した。

(共同)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8723-adade005