FC2ブログ

『茹でガエル状態』 

時事通信が、今月8から11にかけて行った、安倍政権の支持率調査。支持率が48.5%と4%強増加したと報じられている。

この政治の私物化がいよいよ顕在化してきたのに、何たることかと考えるか、それとも電話による世論調査の胡散臭さと一蹴するかは、受け取る側の自由。恐らく、その両方が言えるのだろう。少なくとも、ネットの弊害の一つ、エコーチェンバーに陥ることは避ける必要がある。

安倍首相を支持する最大の理由は、「他に適当な人がいないから」というもの。消極的な支持である。現在進行している民主的な政治の崩壊を目のあたりにしても、消極的な支持を続ける、というのは、現状を肯定的に受け止め、そこから動きたくないという意思の表れなのだろう。このような方々が多数を占めているのは、恐らく事実。だが、これは強固な支持ではなく、何かピンポイントで決定的なところが突かれれば、容易に崩壊する支持だ。

その安倍政権支持層は、本当はじわじわと熱せられて生命の危険が迫っているのに、動けなくなっている「茹でガエル」状態なのだ。「茹でガエル状態」から覚醒させるためには、

1)現状の正確な分析

2)現状の先に待ち受ける事態の認識

3)それ以外の選択肢、可能性の提示

4)3)を担う具体的な政治勢力、政治家の出現

のプロセスが必要になる。

所謂リベラル勢力が、これに集中して対処してゆくべきなのだ。4)としては、今のところ、野党共闘を実現すること、山本太郎をリーダーにすることが考えられる、と言うのが私の考え。山本太郎の反緊縮財政論には危うさ、理論的なもろさもあるように思えるが、彼ほどのパッションで国民のためを考える現実論の政治家は今のところいない。野党共闘で、現在の安倍政権という政治私物化独裁を倒す、だ。

さて、「茹でガエル」がそのまま茹で上がってしまうのか、これからが本当の闘いだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8740-6e242ec2