FC2ブログ

ぶら下がりでボロを出す安倍首相 

安倍首相が、桜を見る会前夜祭の顛末について、ぶら下がりで、やけに詳しく記者たちに話している。

あのぶら下がり会見は、お気に入りの記者たちだけを集めて行ったと報じられている・・・マスコミ対策の一環なのだ。

それでも、これだけのボロを出している。小口幸人弁護士のfacebookでの発言を引用。

「国会から要請があれば、国会での説明に応じる」と安倍首相は言っているが、国会からの要請、即ち与党国対がそれを行うことにするわけがない。国会では説明しないと言っているに等しい。記者会見も毛頭やるきはないだろう。何となれば、事前に質問事項の示されぬ記者会見は、彼には対応できないからだ。

もう詰んでいると思うのだが、これで突破する積りか。別なスピンでもあるのか。自民党内部に首相の座を狙いに行く政治家はいないのか。

以下、引用~~~

小口 幸人
昨日 2:18

安倍総理が嘘をつくはずがないじゃないですか(棒読み)オロオロなんてしていませんよ(汗)

つまり、こういうことですね。

ア 航空券代やホテル代は、宿泊客がすべて直接、旅行代理店に支払った
→ホテルや航空会社に直接ではない。つまり、安倍事務所と旅行代理店が打ち合わせをして、間に入っている。

イ 夕食会の費用別。つまり、宿泊客が、「旅行代理店」に支払ったということではない。
→夕食会も旅行代理店のプランに入っていて旅行代理店がとりまとめていた場合には(日弁連の人権大会等)、ホテルが当該宿泊者は夕食会に参加する人か、参加しない人かを知り得ます。しかし、旅行代理店のプランに夕食会が入っていないということは、旅行代理店すら、誰が夕食会に参加する人かを知り得ないのですから、ホテルが知るすべはありません。

ウ 安倍事務所には、収支が発生していないから、収支報告書の記載義務もない
→そうすると、ホテルニューオータニは、次の対応をしたということになりますかね
A  参加人数不明で、夕食会について事前の支払いは一切ないが、鶴の間(立食2500名を収容する最大会場)と九兵衛の寿司を含む立食パーティーを事前に準備した。(ブログ主注記;久兵衛の店主は寿司を提供していないと述べているようだが、やがて明らかになることだろう)。
B 当日の参加人数が何人であっても、人数×5000円の支払いでよいとした。つまり、実参加者がたった100人になったなら100人×5000円だけの売り上げでよいとした。
C 5000円をホテルニューオータニが受領したという、宛先空欄の領収書を大量に事前に何百枚か何千枚も切って、安倍事務所に渡して参加者への交付を委ねた。安倍事務所は、夕食会終了後、余った領収書と、一人当たり5000円の現金をホテルニューオータニ職員に渡した(これでも記載義務はあるような気もしますが)
D 当然、ホテルニューオータニは、当該参加者が宿泊者かどうかを確認することができないけれど、そして「一般向け」の宴会コースは最低でも一人1万1000円だけれど、安倍事務所に対しては、九兵衛すし付き鶴の間でのパーティーを、「ホテル側から」一人当たりの5000円と示してきた。

エ ホテルと安倍事務所、旅行代理店と安倍事務所の間に金銭のやり取りは一切ないから、安倍事務所は明細書も領収書も持っていない

オ でも、ホテルと旅行代理店は、税務申告上、過去6年分全部の保管義務を未だ負っているから、明細等をお持ちのはずと。

総理大臣が嘘をつくはずはないですから(棒読み)、旅行代理店とニューオータニの参考人質疑とか、証人喚問がされても、だ、だ、だ、だいじょうぶですよ。
こんな説明をしてしまった以上、収支報告書の修正だけしてさらっと終わらすという、いろんな国会議員がしていることをする道がなくなってしまいましたが、も、も、も、もんだいありませんよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8745-447236f2