FC2ブログ

目先の利権しか考えぬ原子力ムラ トリチウム汚染水海洋放出の愚 

原子力ムラがトリチウムの「安全性」を喧伝し続けている。いわく、 トリチウムは、これまでもPWR型原子炉等から海水中に放出されてきた、体内半減期は短い、等々。

が、放射性物質トリチウムにはやはりリスクがある。

原子炉でトリチウム事故が何度も起きており、犠牲者も出ている。英国でヒラメや二枚貝から濃縮された高濃度のトリチウムが見いだされた。トリチウムは、リンパ芽球化反応で用いられるように、DNAに取り込まれる、取り込まれたトリチウムが微細であってもベータ線を出し続けることは健康被害に繋がりうる、等々。

それ以上に、トリチウムだけ残存すると言われてきた福島の汚染水は、「その8割程度が汚染されたまま」で、ストロンチウム等を含むことが昨年9月に報じられた。以前にアップしたものだが、朝日新聞デジタルから一部を引用・・・ 福島第一原発の敷地内のタンクにたまる汚染水について、東京電力は28日、一部のタンクから放出基準値の最大約2万倍にあたる放射性物質が検出されていたことを明らかにした。今回分析した浄化されたはずの汚染水約89万トンのうち、8割超にあたる約75万トンが基準を上回っていたという・・・引用終わり。

海洋投棄は、短期的なコスト削減を目指した、近視眼的な計画だ。後で問題が起きた時にはそれを解決するコストは莫大なものになる。石油備蓄タンクのような巨大なタンクを作り、そこで保存するのが、長期的にみて最も賢明な方法だと研究者は述べている。

原子力ムラの短期の利権だけを考える性癖は変わっていない。

以下、引用~~~

原発処理水放射線「影響小さい」
1年全量放出で、経産省が推計

2019/11/18 12:03 (JST)11/18 12:05 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

東京電力福島第1原発の処理水の扱いを議論する政府小委員会の会合=18日午前、東京都港区
 東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の扱いを検討する政府小委員会が18日開かれ、経済産業省は、現在保管中の水に含まれるトリチウムなどの放射性物質を1年間で海洋や大気に全量放出した場合、一般の人の年間被ばく線量に比べ約1600分の1~約4万分の1にとどまるとして「影響は十分に小さい」との評価結果を示した。

 経産省によると、砂浜からの外部被ばくや魚などの摂取による内部被ばくを想定した海洋放出は約0.052~0.62マイクロシーベルト、吸入による内部被ばくなどを想定した大気放出は約1.3マイクロシーベルトとした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8756-f7c66ac3