FC2ブログ

菅官房長官「バックアップデータは公文書でない」?! 

反社会的勢力の定義が定まっていないとか、この一件とか、現政権はやりたい放題、でっち上げし放題だ。

もし、バックアップデータが公文書でないなら、公文書の秘匿義務から外れる。そのうち、わが国のスノーデンが現れて、公文書でないバックアップデータを暴露してくれることだろう。

現政権は、歴史を自由に改ざんできると思い込んでいる。だが、後に歴史によって裁かれる運命にある。それを恐れぬ愚かな連中だ。

以下、引用~~~

菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿
毎日新聞2019年12月4日 12時23分(最終更新 12月4日 13時38分)

 菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、今年4月に開かれた首相主催の「桜を見る会」を巡り、招待者名簿の電子データを内閣府が5月上旬に削除した後も一定期間、外部媒体に残っていたバックアップデータについて、「行政文書に該当しない」との見解を示した。バックアップデータは、サーバーから削除後も最大8週間保管されている。共産党議員が5月21日の衆院財務金融委員会で質問した際は、データが復元できた可能性があるが、内閣府は対応しなかった。

 菅氏はバックアップデータが行政文書に該当しない理由について、「一般職員が業務に使用できるものではないことから、組織共用性に欠いている」と説明した。共産党議員の資料要求に応じなかったのも「行政文書には該当しないという前提で対応した」と語った。【秋山信一】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/8885-413a45c9