FC2ブログ

公務員の公金横領 

社会保険庁は、年金を職員の住宅・福利厚生等々に用いて、大きな批判を浴びた。グリンピアという箱物も作り、大きな損失を出した。

このところ、特定道路財源を、自らに都合の良い財布にしていた、国土交通省、関連特殊法人が批判を受けている。スポーツ用具、アロマ器具、ミュージカル後援、旅行費用、さらに職員住宅まで、何でもござれである。国土交通省関連の50の特殊法人、管理職が、職員よりも多く、明らかに天下りのためだけの団体も沢山あるらしい。タクシー代として5年間で23億円用いたことも報道されている。驚くべきことに、365日均等に使ったとして、1日で130万円程度タクシー代にしている計算になる。

こうした国庫予算の流用は、公金横領の可能性がある。そして、これら二つの省庁だけの問題では絶対ないはずだ。すべての省庁、出先機関、関連特殊法人で同じことが行われているのではないだろうか。どれだけの犯罪的な行為が行われているのだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/892-23ce88b8