FC2ブログ

日暮れ前の7メガ 

朝、起きた時に、庭の草むしりをしようと思ったら、小糠雨がしとしとと降っていて、断念。お昼頃に少し仕事場に立ち寄っただけで、今のところ平和な休日になっている。

午後3時頃から、7メガに出てみた。国内コンテストで少し賑やかだが、隙間をぬって、CQを出す。DanK7IAからコール。新調したエレクラフトのK3を、使い始めた由。もう1時間ほど、いろいろとトライしているとのことだ。ヴァーチカルとの組み合わせでS7まで振っている。新しい玩具で遊びすぎて、夜更かしをしない方が良いよというと、笑っていた。

ついで、Norm NH6I。1980から90年代にかけて、AH6GP・AH6Gというコールで、マウイ島から良く出ていた局だ。当時、クラブ局のコールKH6RSでよくコンテストにも出ていた。3年前にリタイア、マウイ島からハワイ島に移り住み、新しいセットアップでアクティブに出ているとのこと。7メガの2エレに、FT2000。S9+20dB。仕事の状況を手短に言うと、どのような方向に行くにせよ、上手く行くことを祈っているとの言葉。

最後は、カナダBC州のNanaimoという地名の街から出ているGerry VE7BGP。100Wにループだそうだが、弱い。JAのコンテスターの混信を受けていると彼に言った。1年ほど前に交信したと彼が言う。記憶に全く無い・・・。Nanaimoと言えば、スーパーCWオペのCarolyn VE7FNPの話をしただろうね、と私が尋ねた。

Carolynのことは既にどこかで記した記憶があるが、1990年前後に、14メガでとてもアクティブに出ていた方だ。とてもsociableな方で、ファンを従え、とてつもないQRQでラウンドテーブルをしておられた。北米は言うに及ばず、南アフリカZS等からもそのラウンドに参加する方もいた。

Carolynは、絵を描き、音楽にも詳しい、私より一回り年上の方だった。私がチェロを弾くと言うと、オンエアーで是非聴かせろとの矢継ぎ早の催促。根負けして、ビールを一杯クイっと飲み干し、14メガの上の方で、普段用いぬモードに移行し、マイクに向かって、一曲唸った・・・ではない、一曲弾いたことがあった。フォーレの「夢のあとに」。お世辞だろうが、気に入ってくださって、褒めていただいた・・・いや、褒めないわけにはいかなかっただろう(笑。ところが、その秘密の交信を聴くために、わざわざCWバンドからダイアルを動かしてついてきた連中がいたようで、後々あれを聴いたぞと言われて冷や汗をかいたことだった。CaroLynは、まだ幼児だった私の二男の写真から絵を色鉛筆で描いて送ってくださったことがあった。額縁に入れて、まだ大切にとってある。満面の微笑みを浮かべた二男の、その絵を見ると、Carolyn、その仲間とのラウンドテーブルを思い出す。

Carolynは、家族の事情もあり、その後QRTされたことは聞いていたが、Gerryによると、彼女は、ヴァンクーヴァーに移り住んで、その後音信がないとのことだった。

日が暮れると、ノイズが目立つようになるが、この時期、日暮れ前の1、2時間、7メガは北米に良く開ける・・・40年前にも、このオープニングで北米のOM連中と知り合いになり、交信を楽しんだことも思い出した。その時間帯になかなかオペレート出来なくなってしまったが、そう遠くない将来、毎日のように出ることのできる身分になりたいものだ。

コメント

こんばんは。
 XYLはいまFLなのですが、あす娘&孫達と一緒に、シアトル&カナダの友人に会いに出発します。
途中“ナナイモ”に行くと言ってました。面白い地名なので、頭に焼き付いていました。

(今夜は息子が戻ってきて、男2人で鍋に挑戦。見事に失敗。まずかったです。Hi)

Nanaimoという地名は、忘れにくい地名ですね。何かリゾートになっているのでしょうか。

息子さんと鍋料理、羨ましいことです。充実したリタイアメントをお過ごしの様子で、何よりです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/894-69588ade