FC2ブログ

市場原理主義が、医療を破壊している 

全国保険医団体連合会のウェブサイトに、宇沢弘文東大名誉教授が、後期高齢者医療制度の問題について寄稿している。ここ。市場原理主義的政策のもたらす害悪を、端的に指摘している。重要な論文なので、ご一読をお勧めする。

後期高齢者制度は、これまで扶養家族であった方も含めて、75歳以上の国民すべてに保険料の支払いを要求する制度だ。問題点は、その経済的な負担だけではない。一人の主治医だけにしかかかれず、その医療費もきわめて低額に抑えられている(十分な医療を受けられない可能性が高い)。泥酔・自殺企図などによって医療を必要となった場合に、保険料が支払われないとされている。これまでの公的保険でもなかった、被保険者に不利な条項だ。さらに、保険料の支払いを滞ると、保険証を取り上げられ、被保険者資格証明書を発行されるのだが、その証明書で医療を受ける場合は、一旦全額自費で支払うことを要求される

このような制度が何故生まれることになったのか・・・宇沢弘文氏の文章を一部引用させて頂く。

以下、一部引用~~~

特別寄稿 宇沢弘文東大名誉教授

日本の医療崩壊と後期高齢者医療制度
世界に誇るべき国民皆保険制度 完全な崩壊への決定的一歩

・・・・・

日本の医療はなぜ深刻になったのか

  日本の医療は、何故このような深刻な事態に立ちいたってしまったのだろうか。この深刻な事態を招来させた、そのもっとも根元的なものは、市場原理主義とよばれる似非経済学の思想である。 市場原理主義は簡単にいってしまうと、もうけることを人生最大の目的として、倫理的、社会的、人間的な営為を軽んずる生きざまを良しとする考え方である。
  市場原理主義は先ず、アメリカに起こった。そして、チリ、アルゼンチンなどの南米諸国に始まって、世界の数多くの国々に輸出され、社会の非倫理化、社会的靱帯の解体、格差の拡大、そして人間的関係自体の崩壊をもたらしてきた。
  この市場原理主義が、中曽根政権の下に始まって、小泉・安倍政権の6年あまりに日本に全面的に輸入され、日本の社会はいま、戦後最大の危機を迎えている。
  日本では、市場原理主義が、経済の分野だけでなく、医療、教育という社会的共通資本の核心にまで、その影響を及ぼしつつあるからである。
  中曽根「臨調行革」路線の下で、厚生官僚によって「医療亡国論」が声高に主張され、医療費抑制のために医師数をできるだけ少なくする政策が取られはじめた。医に経済を合わせるという社会的共通資本としての医療の原点を忘れて、経済に医を合わせるという市場原理主義的主張に基づいた政策への転換を象徴するものだった。現在の極端な医師不足、勤務医の苛酷な勤務条件を招来する決定的な要因がすでに形成されはじめていたのである。

市場原理主義は国民の願いに逆行する

  1980年代、財政赤字と貿易赤字という双子の赤字に悩むアメリカ政府は、日米構造協議の席上、日本政府に対して執拗に内需拡大を求めつづけた。その結末が、日本が10年間で公共投資を430兆円行うという国辱的ともいうべき公約であった。
  「増税なき財政再建」の旗印を掲げながら、アメリカからの、この理不尽な要求を可能にするために政府が考え出したのが、地方自治体にすべてを押しつけることであった。国からの補助金をふやさないで、すべて地方自治体の負担で、この巨額に上る公共投資を実現するために、詐欺と紛う、巧妙な手法が用いられた。
  この流れは、小泉政権の「三位一体改革」によって、さらに拍車を掛けられた。その「地域切り捨て」政策と、度重なる暴な医療費抑制政策の及ぼした弊害はとくに深刻である。
  市場原理主義の日本侵略が本格化し、社会のほとんどすべての分野で格差が拡大しつつある。この暗い、救いのない状況の下で行われた昨年7月29日の参議院選挙の結果は、国民の多くが望んでいるのは、市場原理主義的な「改革」ではなく、一人一人の心といのちを大切にして、すべての人々が人間らしい生活を営むことができるような、真の意味におけるゆたかな社会だということをはっきり示した。
  しかし、今回発足する後期高齢者医療制度は、この国民の大多数の願いを裏切って、これまでの長い一生の大部分をひたすら働き、家族を養い、子どもを育て、さまざまな形での社会的、人間的貢献をしてきた「後期高齢者」たちの心といのちを犠牲にして、国民医療費の抑制を図ろうという市場原理主義的な「改革」を強行しようとするものである。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/896-d91cb5ef

■帝王切開手術ミスで死亡、産婦人科医に禁固1年求刑…福島

ネタ元は、 demianさん、 http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-24.html#comment116 ブログ産科医療のこれから 第13回大野事件公判! http://obgy.typepad.jp/blo...

  • [2008/03/21 23:54]
  • URL |
  • 勤務医 開業つれづれ日記・2 |
  • TOP ▲