FC2ブログ

「親父のようになりたい」 育休を取る進次郎 

小泉進次郎の長男誕生が、テレビに速報で流れたらしい。都合の悪い個人的問題については、プライバシーだからと語らないのに、こういうことではプライバシーを晒している。政治利用ではないのか。

で、進次郎は、「親父のような父親になりたい」という希望だそうだ。大衆受けする言い分ではないか。

だが、まてよ、その親父が、竹中平蔵と組んで、派遣労働を大幅に増やし、非正規雇用を増やしたのではなかったか。厳しい労働条件で働く非正規雇用の人々が、果たして休みを十分取れるのだろうか。ましてや、育休を取れるのか。答えは、否だろう。休んだら、収入はたちまち減り生活できなくなる。

育休を取るという進次郎が、休むこともままならない非正規雇用の方々を増やした小泉純一郎のようになりたいという、何というブラックユーモア!

日本社会は、進次郎のようにロクに仕事をしないで楽に生きる「上級国民」とそうでない人々に明らかに分かれた。それを、良しとするのかどうか、という問題だ。テレビのワイドショーが、彼の育休取得で喧々諤々らしいが、それを見て、我々は怒るべきなのだ。

以下、引用~~~

小泉環境相に長男誕生 「おやじのような父親に」
2020年01月17日12時17分

 小泉進次郎環境相(38)は17日の記者会見で、同日未明に第1子である長男が誕生したことを明らかにした。前日の勤務を短縮して出産に立ち会ったといい、目標として「おやじ(純一郎元首相)のような父親になりたい」と語った。
 小泉氏は先に取得宣言した「育児休暇」に関し、「賛否両論があるのを受け止め、公務最優先、危機管理万全の(方針の)下にしっかり時間を確保していきたい」と表明。出産立ち会いの経験を通じ、少子化といった課題に「問題意識を持って解決への努力を続けていきたい」と強調した。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9168-04d08e8d