FC2ブログ

中東のさらなる不安定化 

トランプの中東への軍事プレゼンスの増大は、中東をさらに不安定にする。全面戦争ではなく、この記事のような「非対称」戦闘が主体になる。

イランは、EUの新たな制裁の動きに対して、IAEAとの関係を遮断し、さらに核兵器開発に乗り出す構えだ。イスラエルとの関係が、さらに緊張を増す。

トランプが、自らの大統領選を有利に進め、さらに軍事産業・石油産業・イスラエルロビーに媚びを売るために、イランへの攻撃をしかける。

それに、何も反対せずにつき従い、海自隊員260名を中東に送る安倍首相。海自隊員は遺書を残すように言われたらしい。安倍は、サウジの殺人皇太子と談笑し、昭恵はラクダの背中にのってご満悦だ。

以下、引用~~~

イエメンで空爆 73人が死亡
2020年01月19日 18時13分 時事通信

 【カイロ時事】内戦が続くイエメンの中部マーリブで18日、軍事訓練施設にあるモスク(イスラム礼拝所)が空爆され、ロイター通信によれば、礼拝中の兵士ら73人が死亡した。イランが支援する反政府武装組織フーシ派による攻撃とみられる。サウジアラビアや米国が支持するハディ暫定大統領は「恥ずべき攻撃は、フーシ派が和平に意欲がないことを証明した」と非難した。

 フーシ派は、イランの革命防衛隊コッズ部隊ソレイマニ司令官が米軍に殺害された後、報復に乗り出すと宣言していた。今回の空爆へのフーシ派の犯行声明は出ていないが、中東のメディアでは「ソレイマニ司令官殺害に対する報復の一環である可能性は排除できない」とする専門家の見方が報じられている。 【時事通信社】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9188-4647e7f6