FC2ブログ

N5CW W7QC 

CONDXがマキシマム近くまで戻ってきました。7メガで、ヨーロッパの奥のほうと、北米の中部までが同時に開けていました。

Curt N5CW、兄弟であるK5KWの家にトレーラーハウスで滞在中のようで、奥様と静かなクリスマスを迎えるようです。バンパーに付けたバターナット(ラジアル4本)からの信号は超強力。バターナットというアンテナは、効率がよいようだということを改めて感じました。

驚いたことに、Curtは、この夏、West Nileウイルスによる脳炎にかかった由。知り合いには、亡くなった方もいたようです。2,3年前、盛んにこのウイルス感染が北米で流行していると報道されていましたが、身近にこうした犠牲者がでるとは思いませんでした。左足が少し不自由になったそうです。このウイルスについてはまた後で記したいと思いますが、日本脳炎に似たアフリカ北部原産の病原体で、脳炎を時に生じます。北米東部から流行が始まり、西部に向かっているという話は聞いていましたが、もう西部には到達したのでしょう。日本への上陸も十分ありえます。蚊によって媒介されます。

Steve W7QCは、例によって快調に飛ばしていました。先週、木曜日から日曜日まで、強風で停電となったとのことでした。そんなに長い期間!とびっくりしました。考えてみると、電気は生活インフラの中でも、とりわけ重要ですね。彼は、そんな中でも、K2と太陽電池で無線をしていたらしい。PICキーヤーのチップの配布を、ブラスパさん以外のお一人のJAの方から依頼され、お送りしたと言っていました。風で倒れた160mの逆Lを再建し、早速二局JAと交信したとのことでした。ころころとした玉のようなキーイング。アクティブな方です。

今日も、夕方には帰れるか・・・。714は、ラジエーターもほぼ組み上げて、後は、ニスを塗り始めるばかりになりました。牛歩の歩みではあります。泣いても笑っても、28日には上げなおし。それまでに、準備しておかねば・・・。

コメント

Shinさん

情報を有難うございます。
4日間の停電ってのは経験したことが無いですが、どんなでしょうね。しかしSteveもソーラー+K2なんて、文字通り世界に誇るバックアップ回線の運用を地で行くような楽しみ方をしていますね。バイタリティーに敬服してしまいます。

今夜辺り、聞こえるかな? W7QC。

Brasspapa

  • [2006/12/23 20:56]
  • URL |
  • W7QCファンクラブ代表
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そうですよね、電気って大切なインフラですものね。トイレをどうしていたのか、訊いてみようかと思いつつ、憚られました(笑。冷蔵庫の中身がすべてthawしてしまったので、高くついたよと言って笑っていました。7025で踊るようなCQを出していますね。7025は、FOCの呼び出し周波数にもなっているのですね。FISTSより、一壇下で・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/92-8955687b