FC2ブログ

税金の使い方がおかしい 

公職選挙法違反容疑の河井夫妻に渡っていた1億5千万円は、もとをただせば税金だ。自民党への企業献金だというかもしれないが、それは自民党が大企業に法人税減税等の見返りを与えたために自民党に献金されたもの。間接的には、税金だ。多くは、政党助成金という税金そのもの。

政治家が政治資金で飲み食いを続けている。麻生財務大臣は、年間2400万円、安倍首相は1000万円を費やしている。これもすべて税金である。

ようやく明らかになりつつある、「桜を見る会」招待者も大半が安倍首相の招待であり、その開催コスト5000万円超も税金である。自分の支持者、さらには反社会的集団の人物まで、税金で饗応している。

安倍政権になって海外への支援に60兆円ばらまかれた。その一部は、関与する企業等からのキックバックで、政権与党に還流する。勿論、この支援金の多くが税金である。

その一方、以前にも繰り返し記しているが、毎年1700人が「飢餓」のために亡くなっている。子供の7人に一人は、貧困状態にあり、彼らは3000以上設置された子ども食堂でようやく食事を得ている。安倍首相は、そのような子どもたちに、周囲に助けを求めるようにと書き送った。

こうした状況、おかしくないか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9209-25547cb0