FC2ブログ

自民党議員、今になって勉強会 

2年前に、小泉元首相が、郵政選挙で得た絶対多数を背景に、後期高齢者医療制度法案を強行採決
して通過させた。

ところが、施行される段になって、ご存知の通りの大騒ぎ。

笑ってしまうのは、自民党の国会議員が、この期に及んで、後期高齢者医療制度の勉強会を開いたとのこと。一体、2年前に何をもって、この法案を通したのだろうか。その後、2年間、杜撰な行政をただ傍観していたのだろうか。このような議員達には、存在意義が無い。退場していただこう。

この制度は、高齢者の医療費負担を増やす一方、高齢者が医療を受け難くし、その医療内容も貧弱にする制度だ。今でも宙に浮いている保険料の多くある、年金から天引きされる。保険料は、2年毎に見直しされ、毎回値上げされるのは必至。このことを決して忘れずにいたいものだ。


以下、引用~~~


後期高齢者医療制度について勉強会を開催  自民党社会保障制度調査会
08/04/16
記事:WIC REPORT
提供:厚生政策情報センター

社会保障制度調査会 医療委員会・高齢者特別委員会合同会議(4/15)《自民党》  自由民主党が4月15日に開催した社会保障制度調査会の医療委員会と高齢者特別委員会の合同会議で配布された資料。この日は、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)について勉強会が行われた。 資料には、(1)後期高齢者医療制度の保険料と国保保険料との比較(P8参照)(2)年金からの保険料の支払いについて(P13参照)(3)主な報道内容と事実関係(P20-P21参照)―などがまとめられている。


コメント

もう

怒りも呆れも通り越して、笑ってしまいますね。
ニュースで見た時は、唖然としてしまいましたが。

「勉強会」ときたか!?
国会議員は、法案の中身を議論して吟味して理解して採決するんじゃないんですかね?
議員としての最低限の仕事じゃないんですかね?
売国自民党は、何やってるんでしょうか。
あ、何から何まで官僚がやってくれるから、自民党議員は何にもすることがないのか(笑)
だったら、選挙で落選するまで、年収200万円でやってもらいましょう。
無能な議員に金を渡しても、何の益もない。


しかし、いつもここで愚痴らせてもらいますが、一番の原因は国民です。
医療崩壊にしてもこの制度にしても、国民が気づかないのが一番の問題だと思っています。

この勉強会、どうも選挙対策のようですね。選挙民にどのように言い訳をするか、という対策。

福田さんが、衆議院選挙を見越して、保険料の一時的な減免を決めたことも、混乱に拍車をかけているようすですね。

高齢の方にしてみたら、これまで営々と公的保険の保険料を支払ってきて、ここにきてまた新たな保険に入れと言われるのは、約束が違うのではないかと言う気持ちなのでしょう。

どこにどれだけの国庫予算をつぎ込むべきなのか、実際つぎ込んでいるのか、よく見ておきましょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/924-20fc7aac