FC2ブログ

half sloper 

私の3.5MHzのアンテナは、ハーフスローパーだ。このアンテナも、上げてから10数年になる。ローカルのJP1DJV氏に上げてもらったアンテナだ。とてもしっかり固定してくれたようで、未だにしっかり動作している。

3.5MHzは、余程CONDXが良いか、上のバンドが駄目な時しかでない。バンドが狭い上に、ノイズが多いからだ。また、ちょっと良く開けていても、ラグチューするのは、憚られる雰囲気なのだ。

昨日は、7MHzが閑古鳥が鳴き、ウッドペッカーも時に五月蝿かったので、3.5MHzに下がってみた。JCC/JCGサービスとやらをやっている国内が、2,3局。それに北米も少し開けている気配。普段あまりここでは出さないCQを、下の方で出してみた。ノイズに浮き沈みするように、Rob
W1MKが呼んでくれた。Massの局。簡単な交信をして終わる。

その後が、問題だった。誰か引き続いて呼んでくれているが、コールがとても取れない。QRZも出さずに黙っていると、強力な国内と思われる局が御丁寧に、CLG、ついでKと打ってきた。ヤナンダよな、こういった奴(笑。誰かが呼んでいるよ、さ、あちらは受信に移ったよ、お前のところじゃ聞けないのか、といったニュアンスだ。

スローパーは、打ち上げ角が低くて、飛びはシンプルなアンテナの割りに抜群に良い。エレメントの方角にカルディオイドのビームが出ることも利用価値がある。弱点は受信だ。ノイズに弱く、どういうわけか、送信能力と比べて、見劣りがする。これはアンプを炊いている所為もあるかもしれないが、以前からそのように感じていた。そんなことは分かっているわい、確かに耳は悪いよ・・・と心の中で呟く。

SSBでは、こうしたちょっかいを出す局が結構いるのを知っているが、CWではあまりいない。しかし、3.5MHzは狭いので、そうでのないのかもしれない。各自の設備には、差があるのは当然で、3.5MHzのビームや、高く上げたロータリーダイポールには到底敵うはずも無い。それは、こちらの個性でもあるのだから、構って欲しくないなというのが正直な感想だ。もし少しでも交信成立の可能性があるならば、QRZを出して、もう一度コールをしてくれるように呼び手に促す。しかし、端から交信成立が難しい場合は、それをしない。それを横から、あのように叩かれては、3.5MHzでは、CQを出せなくなってしまうではないか。

CLG Kと言う打つ真意は何なのか、お伺いしてみようかと思ったが、止めてさっさと住み慣れた7MHzに戻った。自分は、あんな気分の悪いおせっかいはしないようにしようと思いながら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/93-cb7df7a6