FC2ブログ

御手洗が笑っている 

経団連の御手洗会長が、後期高齢者医療制度の実施の仕方が不手際だと、政府を非難したようだ。

御手洗会長自身、政府・官僚に働きかけて、医療費・社会保障費を抑制・減額してこさせた張本人。派遣社員を増やして、ワーキングプアの大増産をしてきたのも、彼を始めとする経団連の面々だ。

企業の公的保険への支出が減って、笑いが止まらぬのは、彼等大企業経営者ではないか。こうした事態になって、公費投入を増やせとはよく言うものだ。

他人の収入を云々するのが趣味ではないが、御手洗会長の年収は、1億円超から、2億円超に増額になったそうだ。


以下、引用~~~


「説明不足は非難免れず」 高齢者医療制度で御手洗氏
08/04/22
記事:共同通信社
提供:共同通信社

 日本経団連の御手洗冨士夫(みたらい・ふじお)会長は21日の記者会見で、保険料徴収や新保険証の配布をめぐる不手際で混乱が続く後期高齢者医療制度(長寿医療制度)について「2年以上準備していたのに、説明が不徹底なのは非難を免れない」と述べ、政府の対応を強く批判した。

 御手洗会長は「年金(記録)の不備問題が片付いていない中で、年金から(保険料を)差し引かれることは一般感情に逆らうのは確かだ」として、高齢者の批判が高まるのは当然との見方を示した。

 「高所得者以外は保険料が下がり、制度自体はそれほど複雑ではない」と新制度導入には理解を見せたが、今後少子高齢化で現役世代の保険料負担が増加する懸念があることから「公費の投入を増やすべきだ」として、将来は公費負担の割合を引き上げる方向で制度を見直すように求めた。

コメント

なんでWCが笑うのかと思った

公費負担の割合を引き上げる方向って大企業の従業員分の保険料支払い負担を減らせと言うことだよね。手洗いは企業経営者だから会社の儲けを考えるのは当然だろうけど、日本の医療のことなどは小生ほどの知識も経験もなさそうですね。

WCには、受けてしまいました。

キャノンの今年の利益予想は5000億円だそうです。WCさんの年俸は、2億超。退職金は、きっと数十億円なのでしょうね。これ以上貪るのはいい加減にしろよ、と言いたいですね。

医療を市場化することを、政治家・官僚、それに財界人が目論んでいますが、そうなった時に、社会がどれほど荒れることか・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/930-c1db65b6