FC2ブログ

老人は死ね 俺たちは太る 

私の所属する茨城県医師会は後期高齢者医療制度に反対を表明している。患者さんに反対の署名を窓口でお願いしているが、すでに150名以上の方から署名をして頂いた。中には、署名用紙を持って帰り、周囲の方から署名を集めてくるという方もいた。

後期高齢者医療制度を取り扱う組織が、広域連合という新しく作られた複数の自治体にまたがる組織である。その広域連合同士の間でデータベースを統括するコンピューター化がまだ構築されていないらしく、第二の年金になる可能性が大きいと地方自治体の現場にいる公務員の方がネット上で記しておられた。保険制度は、税金のように徴収だけでは済まない。給付作業があり、税務よりも格段に複雑な作業になるようだ。年金行政の杜撰さを考えると、先が思いやられる。

さらに、広域連合が、天下り先になっており、巨額の人件費を食う組織になっていることが、週刊ポストに報じられている。あるブログ経由で得た情報。転載自由ということなので、下記転載する。

~~~~

後期医療制度のからくり
だまされる国民

この4月から「後期医療制度」による年金から保険料ほ天引きする制度がはじまった。
この法律が成立したのは06年の国会、当時の総理大臣は小泉純一郎

このころ年金を投資してつくったあの悪名高き年金ユートピアが破産身売り、さらに数年後には役人たちの大量団塊世代の退職が始まり、天下りさきの確保は早急な問題であつたに違いない。

膨れ上がる高齢者の医療費問題の急務という命題は格好の材料であろう。

「健康保険に群がる役人たちの窮余の策は堂々と法律を制定させた。」

新たな保険制度の確立によつて全国都道府県単位に「広域連合」「広域連合議会」が設置され新たに全国で現在1300人が雇用され 今後はますます天下り機関としての役割をはたすであろう
 
東京の広域連合の事務局長の年収は1400万円で大田区収入役からの天下りである

神奈川県の 広域連合事務局には局長以下50人の職員がいるが人件費総額は約4億3000万 職員一人当たりの年収は800万円、全国には現在1311人 その人件費は一体何億、さらに その人件費は高齢者の保険収入だけでなく 市町村民税からも負担されている。(ブログ主注記;神奈川県の職員平均年収を全国に当て嵌めると、年間人件費総額104億8800万円。退職金等も加わるので、これをはるかに超える人件費が必要になる。一方、既存の地方自治体の公務員からは、広域連合が存在するために事務処理がかえって煩雑化している、というネットでの発言も読んだ。)

年間約340億円 広域連合に使われ さらに 広域連合議会という 市町村議員が構成員となる部署にも 支払われるのである。推薦された議員たちには日当15000円の人件費がさらに使われるのである

今年10月には社会保険庁か政府健康保険を運営する「全国健康保険協会」が分離してさら1800人近くが天下る予定である

後期高齢者医療制度の天下り連合は実に4番目のあまくだりさきなのである

さらには この制度開始にあたりコンピュータシステムも新たに構築その総額年間約200億 さきの年金では社会保険庁が保険料から宿舎建設、公用車。ゴルフ練習場等々に浪費 総額1兆4000億をコンピュータシステムに投資している。

新たに作られた「広域連合」もその業務の多くを「国民健康保険中央」という組織に丸投げしている

 後期医療制度は75歳以上だけでない。来年4月には 70 歳から74歳までの「前期高齢者」の医療費窓口負担が2倍にあがる。

厚労省は 国民福祉に名をかり この前期後期医療制度にどさくさに巨大な天下り機関、利権機関を創り 国民の税金で 1300人以上の役人を食べさせ さらにそれを拡大し そのしわ寄せを 高齢年金受給者 さらに 国民厚生年金システムにおよぼしているのである。

 さらに 医療制度破綻を防ぐといいながら その医療用病床の全廃また 治療用病床の削減すら実施するのである。

一体 この国の高齢弱者は 病気になっても 医療を受けられず乏しい年金から保険料*搾取され 厚労省の役人 国会 地方議員をやみくもにふとらせているのているのである。


まさに 老人は死ね 俺たちは太る と 国は言っているのだ。


参考 週刊 ポスト
「さらに年間340億円が消える
後期医療制度で厚労省は 新 天下り先を作っていた」 より


転載歓迎

コメント

姥捨医療制度

と言い換えた方が適切だと思います。今は取り立てるだけですがそのうち外来の主治医のように入院医療も低額の丸めにして
積極的な医療が出来ないようにされるだろう事は火を見るより明らかです。2年前は郵政選挙の勢いで圧倒的にやられましたが抵抗勢力として頑張りたいと思いますね。
参議院選挙以後は経済財政諮問会議も力を出せないでしょうから。解散して2/3の議席を取れなかったら即崩壊です。

8 0 0 億 円 の節約のために作ら
れた後期高齢者医療制度、
3 4 0 億 円 が天下りに消えます

団塊世代の高い年金の方の時は、年金払わなくて済みます。(末期医療)
その前に医療難民、在宅介護。
歳入が不足しているとかいってるけど、歳入の50兆円の全額が
公務員と公益法人職員の給与で消えていること、さらに役人の
天下りのため年間12兆円以上が公益法人と傘下企業へ補助金と
してきえていること、毎年50兆円以上馬鹿みたいにアメリカ国債
を買っている



外資保険業のロビー活動を受け入れる「族議員」がおり、彼等の特徴は、自分達の市場原理主義以外の考えの人々は、利権を貪る抵抗勢力となるようですね。その意味では、我々は純正の抵抗勢力であり続けましょう。姥捨て山、官僚のための木の実が豊富になる、姥捨て山ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/933-c04b361d