FC2ブログ

安倍晋三は終わった 

安倍晋三は、終わった。

これまで国会答弁で虚偽の限りを尽くしてきたが、それをANAインターコンチネンタルホテル側が堂々と表に出した。

ANAインターコンチネンタルホテルの勇断に尊敬の意を表したい。

安倍晋三は、政治資金法・公職選挙法違反で刑事告訴される。政治生命も終わりになることだろう。

安倍晋三が、首相の座に居座るとしても、周囲は蜘蛛の子を散らすようにいなくなる。現にそうした動きが起こっている。

彼が自ら首相の座を降りるまで、追及と訴追を続けなければならない。

以下、引用~~~

ANAホテル「申し上げた事実はない」 首相答弁を否定

相原亮

2020年2月17日 23時18分 朝日新聞

 「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐる安倍晋三首相の答弁に関して、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の広報担当者が17日夜、朝日新聞の質問に回答した。野党が示したANAホテルの見解について、首相は同日の衆院予算委員会でホテルへの照会結果として「個別の案件については営業の秘密にかかわるため、回答に含まれない」と答弁し、夕食会が見解の対象外とする見方を示したが、ANAホテルはこの部分を「申し上げた事実はございません」と否定した。

 朝日新聞の取材にメールで答えた。野党が示した「証拠」に対する首相の反論を、当事者であるホテル側が否定したことで、首相答弁の正当性が大きく揺らいだ。

 同委では、立憲民主党の辻元清美氏が、新たにホテルからメールで得た見解と過去の首相答弁との食い違いを指摘した。

 追及を受けた首相は、事務所がホテル側に電話で問い合わせた結果として、「辻元氏にはあくまで一般論で答えた。個別の案件については営業の秘密に関わるため、回答には含まれていない」と説明していた。

 だが、広報担当者はこの「営業の秘密」のくだりを「申し上げた事実はない」と否定。「一般論」に触れたことは認めつつも、「個別の宴席に対するご質問ではないという点を意識し、『一般論として答えた』という説明をしましたが、例外があったとはお答えしていません」とした。

 辻元氏が同委で紹介したホテルの見解については、「相違ございません」と答えた。(相原亮)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9370-219e4ec2