FC2ブログ

厚労省・政府の無能さなのか、感染拡大を企図したものだったのか 

こうまで言われたら、船内隔離が失敗だったことを認めざるを得ないだろう。グリーンゾーン、レッドゾーンの区分けが全くできてなかったのだ。

感染拡大は必発であることが分かっていなかったとしたら、厚労省・政府は絶望的に無能だ。

感染拡大止む無しとしていたとしたら、その後の下船客の扱いが不適切極まるし、感染拡大を企図していたのではないかと疑われるレベルの問題。

現場で必死に働いていた官僚もいたのだろうが、上が無能・無責任だとこのような事態になる。

以下WSJ日本版より引用~~~

クルーズ船内隔離は失敗、乗客の米国人医師語る
ダイヤモンド・プリンセス号、「感染させるために培養用シャーレに入れたようなもの」
By Suryatapa Bhattacharya and Miho Inada
2020 年 2 月 19 日 09:18 JST 更新

 【東京】アーノルド・ホプランド医師(75)は長年、米テネシー州エリザベスタウンで一次診療医を務め、感染防止の知識もあるつもりだった。だがクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で実施された隔離方法は、適切とは思えなかった。

 乗客として乗っていたホプランド氏の船室には、多いときで一日に10回も、食事や必需品、励ましのチョコレートを持った乗組員がやってきた。乗客たちはマスクもせずにバルコニーで洗濯物を干していた。バルコニー越しに身を乗り出して隣室の乗客とおしゃべりする姿もあった。

 ...

全文記事を読むには

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9406-650b4e38