FC2ブログ

消極的なCOVID19への政府の対応 

政府・厚労省当局は、COVID19に対して消極的とも思える対応を続けている。

当初より、検査(たとえその感度には限界があるにせよ)は限られた人々しか行わない。簡易検査キットの開発には後ろ向き。検査体制を整えた民間業者を利用しようとしない。

クルーズ船の隔離も不適切。下船者への対応も、感染者がいることを無視した杜撰な対応。クルーズ船船内で仕事をしていた厚労省職員90名を検査をせずに仕事に復帰させた。

・・・等々、書き出したら切りがない。

何故こうした対応に出るのか、いずれ明らかになるだろうが、国民の健康を第一に考えていないことは確実。

巷間よく言われている通り、当初は中国に「遠慮した」のだろう。また、感染の拡大を隠蔽することで、オリンピック等への負の影響を抑えられると見込んだ。さらには、この感染の流行を奇貨として、現在露わになりつつあるアベノミクスの失敗を隠蔽しようという意図があるのではないだろうか。

いずれにせよ、安倍政権は退場してもらわないと、とんでもないことになる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9413-f54bf434