FC2ブログ

年金・健康保険福祉施設整理機構が大安売りをする 

年金や健康保険の保険料で建設した保養施設を、売却したという報道。国から、特殊法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」に売り渡し、そこが民間に売却するという経路のようだ。この際に、元来の建設費用、これまでの維持にかかった赤字額を是非明らかにして欲しいものだ。一桁、二桁大きい額の投資になっているに違いない。

官僚は、年金・保険の貴重なお金を、こうした箱物建設に湯水のようにつぎ込み、さっさと民間に売り払う。その際に、売り払うための特殊法人を立ち上げて、恐らく官僚の天下り先に利用しているのだろう。年金・保険で徴収したお金が、国民のものだという意識がない。

メージャーなマスコミは、この報道自体を報道しない。

以下、引用~~~

98施設を460億円で売却 保険料で建設の保養施設
08/04/25
記事:共同通信社
提供:共同通信社

 年金や健康保険の保険料で建設した保養施設などを整理、売却する独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」は24日、2007年度に98施設を460億円で売却したと発表した。国から譲渡を受けた時点の価格を41億円上回った。

 05年10月の機構発足からの累計では、164施設を809億円で売却。譲渡時点の価格比では143億円のプラスとなったが、01年時点の価格と比べると、約1300億円のマイナスだった。

 機構は各地の厚生年金会館など300余りの施設を国から譲渡され、10年9月までに民間企業などに売却する。事業を継続させるのが基本方針で、これまでに約7割の施設が売却後も事業を続けている。

 前年度の売却額から経費などを差し引いた分を国庫に納める仕組みで、07年度は230億円を納付。08年度は90施設を売却する計画だ。コンサートホールなどがあり、地元から存続要望が強い大阪市と北九州市の厚生年金会館については、機構が今年9月の営業停止予定を撤回し、両市が存続策を検討している。

コメント

これも税金や保険料の無駄遣い

でしょうね。こういうことばかりしている政府を支持し政権政党に投票してきた国民にとっては自業自得とも言えますね(笑)

かって大蔵官僚だった方の手記のような書物を今読んでいますが、やはり官僚制度の制度疲労の問題があるのでしょうね。政権交代し、それに伴い官僚トップが入れ替わるようにしないと、官僚組織は、自己保存・拡大の路線をひた走りますね。

その改革ができるのか、それとも、現在の官僚制度のまま徐々に沈没してゆくのか・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/944-10357dd4