FC2ブログ

介護予防が顕著な効果を生んだ? 

介護予防のプログラムが顕著な効果を生んだという、厚生労働省の発表(をそのまま記事にする共同通信社)。

私は、専門外なので詳細は分からないのだが、どうもこの検討期間内に、要介護度の認定が厳しくなったらしい。介護が必要な高齢者の要介護度が、軽く判定されるようになったようだ。とすると、この記事の内容は、全く無意味である。このようなことを公表する厚生労働省と、共同通信は一体何を考えているのだろうか。

さらに、介護予防の効果が実際あるとしても、人は必ず老いるもの、病をえるものだ。従って、介護を受ける時期を先延ばしすることは、個人にとってはとても大切で有意義なことだろうが、社会的な視点で考えると、官僚の目論む介護費用の削減にはあまり寄与しない。

これ以上、介護費用を削減しようという、官僚の頭の中こそ、介護予防プログラムが必要なのではないだろうか。


以下、引用~~~


要介護度悪化が40%減 介護予防に効果、厚労省
08/05/29
記事:共同通信社
提供:共同通信社


 介護保険制度に2006年度から導入された介護予防を評価分析する厚生労働省の検討会は28日、筋力トレーニングなど予防サービスの影響について、要介護度が悪化した人がサービス導入前に比べ40%減少したとの調査報告をまとめた。「介護予防の効果が認められた」と結論づけた。

 予防効果が上がれば重い要介護度の人が減り、給付費や保険料負担の抑制につながる。ただ、予防サービスの給付が膨れ上がれば抑制効果は相殺されかねず、厚労省は費用対効果の分析に今後取り組む。

 調査では、介護の必要度が最も低い「要支援1」に当たる高齢者を1年間追跡し、状態が悪化して「要支援2―要介護5」と認定された人数をサービス導入の前後で比較。1000人当たりでみると、悪化した人は導入前に389人だったが、導入後に155人(40%)減って234人だった。

 調査対象は04年は約1万7000人、導入後の07年は約5000人。

 また、将来的に介護が必要になりかねない「特定高齢者」についても同様に調査したが、統計上は予防効果がみられなかった。

コメント

これはひどい捏造

統計とそれを鵜呑みした馬鹿報道ですね。要介護の認定を厳しくした。ただそれだけじゃないですか。

効果分析

>厚労省は費用対効果の分析に今後取り組む

な~るほど。効果が出なければ責任問題になりますから、効果が出るように認定条件を変える分析に励まれているわけですね。

よくこんなことで、厚労省の官僚は「仕事をしている」といえますね。

表の意図は、介護予防プログラムがいかに有効であるかをアピールすることなのでしょうが、何か裏の意図があるのではないかと勘ぐりたくなります。

そして、相変わらず、マスメディアも官僚の出す情報を無批判に垂れ流すだけですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/964-a6c63346