FC2ブログ

安倍政権下でのトリアージは悪夢になる 

もう一度貼っておく。

安倍昭恵の花見問題、こちら。

この記事の最後にある、この記者の次の言葉が社会の異様さ、重たく淀む様を示している。

「首相官邸に近い警察幹部から、『昭恵さんの写真をポストに売った人間が割れたら、すぐに教えろ』と言われました。仮に知っていても、我々が話すわけはないですが。例えジョークであっても、異様に感じました。官邸は相当神経質になっているんじゃないですか」(新聞社社会部記者)

白井聡氏が、ヤフーの掲示板で、日本でも新型コロナウイルス感染によりトリアージが必要な状況になるかもしれない。その際に、「上級国民」が、それ以外よりも優遇されて生き延びるようになるかもしれない、と記したら、ヤフーから削除された。根拠が不明だという理由だが、安倍政権への忖度、ないし安倍政権からの指示である可能性が高い。

「上級国民」であれば、イヴェント自粛中も芸能人とパーティしても良い。だったら、生命の選別が行われるトリアージで「上級国民」は優遇され生き延びる、ということになるかもしれないではないか。トリアージは、医学的な問題ではない。医学の外側から、誰を生き延びさせるか、誰を見殺しにするかを決める深刻な決断なのだ。高度に倫理的な問題を孕む。そこに、政治が口を出すようになる可能性はゼロではない。安倍政権であれば猶更だ。

折しも、某野球選手たちは殆ど症状がないのに、PCR検査を受けている。PCR検査を否定していた橋下徹は、のどの違和感だけで、感染者外来にかかっている。普通の国民との間に区別があるような気がしないでもない。これが、トリアージで行われたら大ごとだ。

安倍政権は、自分たちとその取り巻きを「あのような人々」から峻別し、後者を攻撃して止まない。安倍政権が存続する限り、国民には痛みのみならず、死をももたらされる可能性がある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9640-98587cee