FC2ブログ

日医副会長が、医療事故に刑事罰適用止む無しと発言 

日本医師会副会長の発言だ。

医療は、原則刑事免責という医師の主張を真っ向から否定している。

これは、彼自身の信念なのか、それとも官僚に迎合しているのか。

医療事故にミスがあったとして、医師に刑事罰を加える社会的なメリットは何なのか。医療事故に業過罪を適用することによって、医療事故の真相が究明されず、急性期医療の崩壊という余りに大きな代償を支払うことになって終わることになることがどうして分からないのだろうか。そうした結末になることを、患者・ご遺族が望まれるのかどうか。


以下、日医ニュースより引用~~~

医は仁ならざるの術,務めて仁をなさんと欲す

 「医は仁ならざるの術,務めて仁をなさんと欲す」

 これは,江戸時代の中津藩藩医,大江雲澤の言葉であり,その意味は,「医を仁術たらしめるためには,文献のみならず,自らの経験と先輩や同僚の意見,なによりも患者から学ぶ謙虚さが必要であると考える」である.
 この言葉は,現代の医療人の心にも響く言葉といえる.
 医療行為を行う者は,その医療が患者に病気を良くする治療を受けさせようとした行為であったとしても,結果が悪ければ,患者にはそうとはとらえられないということを認識すべきと考える.
 以前は,多くの場合,結果が思うようでなくても,それは,「あの先生に診てもらったのだから,手術してもらったのだから,仕方がない」という信頼関係があったように思う.
 しかし,最近では,医療行為が複雑で難しくなったということもあるかも知れないが,診療側と患者側との信頼関係は希薄になり,種々の医療訴訟裁判が増え続けていると言っても過言ではない.
 今回の診療関連死(医師法第二十一条)の死因究明制度の問題であるが,もちろん私も診療関連死は犯罪性はないのだから,警察に届けるべきものではないと考えるし,今度の制度設計でも,そのようになる方向である.
 また,一九九九年の冒頭に起こった医療事故の問題以前には,社会的に大きな注目を集めていたわけではなかったわけであり,まったく悪意がない場合には,刑事罰が与えられなくて当然と思う気持ちも分かる.
 しかし,このような事件が明らかになった後の社会情勢を考えれば,現在はとても医療行為だけを例外として,刑事罰の対象から外すということは,社会に受け入れられる状況にはないと考える.
 これは,患者の立場にたって考えれば,分かることではないだろうか.ある日突然,自分または家族が,病院または診療所で,医療行為を受けて予期せぬ結果が出た時,納得出来る説明を受けられなかった場合,あなた自身だったらどうするかを考えて欲しい.

(副会長・宝住与一)

コメント

日医も医療崩壊を希望

としか思えませんね。生死を分ける医療行為に対して、その結果の善し悪しで刑事罰を科すと言うことがどれほど甚大な被害をもたらすかわからないのでしょうか。産科に続いて救急医療も崩壊するでしょう。

この副会長、整形外科の開業医ですが、刑事訴追されることの意味、医師・医療制度・社会へのインパクトを全く分かっていないのでしょうね。副会長になって、地元で「偉い方々」に会えると嬉しそうに語っていたとか・・・。そうした「偉い方々」と一緒になって、医療を良くしてゆくつもりなのでしょう。方向は、全く逆を向いているのを自覚せずに。

この医師会の副会長、はっきり言って馬鹿です。
頭が悪いという意味で。
この資料を全部、訳して送りつけようかと思います。

いまは世界の流れは、故意でも悪意でもない診療関連死(医療事故を含む)や重大な後遺症には、刑事罰を課さないことになっていますが。
個人を責めても、医療安全につながらないことがわかったから。

たとえば、アメリカの在郷軍人病院ののポリシー
Culture Change: Prevention, Not Punishment
http://www.patientsafety.gov/vision.html

アメリカ全体の流れ
アメリカ保健局(厚生省相当)
Regulation of Health Policy:
Patient Safety and the States
http://www.ahrq.gov/downloads/pub/advances/vol1/Weinberg.pdf

イギリス
Natinal Patient Safety Agency
National Reporting and Learning System: an Overview
http://www.npsa.nhs.uk/patientsafety/reporting/general-overview-of-the-nrlsgeneral-overview-of-the-nrls/

欧州連合のもあるけど、コメント欄の関係で省略。

hot cardiologist先生

いつも情報をありがとうございます。本当に、一体何を考えているのだか・・・何も考えていない、官僚に持ち上げられて操縦されているだけなのかもしれませんね。世代交代することと、第一線の医療現場の声を反映させることが、日医の幹部には求められていますね。今のままでは無理かなぁ・・・。

JA1NUT先生、長くなっちゃいますが、イギリス保健省の医療安全の公式報告があります。これが、NHSの医療安全のシステムの基本となっています。
(英国の医療訴訟=民事裁判は、NHSがここの医者に代わって賠償金を支払うんですね)
特に、98ページ以降のlearning cultureと勧告だけでも読む価値ありと思いました(わたしも、前のほうは飛ばし読みしました)。

An organisation with a memory

Report of an expert group on learning
from adverse events in the NHS
chaired by the Chief Medical Officer
http://www.patientsafetyalliance.scot.nhs.uk/files/DoH%20report%20%20An%20organisation%20with%20a%20memory.pdf?fileid=301

の92ページ以降のlearning cultureの項目
”There is too often a ‘blame’ culture. When things go wrong, the response is
often to seek one or two individuals to blame, who may then be subject to
disciplinary measures or professional censure. That is not to say that in some
circumstances individuals should not be held to account, but as the
predominant approach this acts as a significant deterrent to the reporting of
adverse events and near misses. It also encourages serious underestimation of
the extent to which problems are due not to individuals but to the systems in
which they operate.”

を読むと、診療関連死を個人の責任に帰して刑罰を下しても、医療安全には何の役にも立ちませんよ、って書いてありました。
これ、イギリスのやり方・・・以前は、誰かの責任(医療職)にして罰を下して、その人をスケープゴートにしていたけが、それは間違いであり、刑罰フリーにして、当事者をスケープゴートとせず医療行為が正当なものであると説明させることにする、と書いてあります。

はぁ、日本の三次試案っていうか、診療関連死に対する文化とは大違い、と認識しました。
日本は、欧米が過去のやり方が間違っていたして改めたという方式をわざわざ導入しようとしているんだから。
一体全体、頭の中、どーなってるの?って感じ。

hot cardiologistさん

いつも貴重な情報をありがとうございます。この発言が、英国の官僚から出ているところが、日本とは大違いですね。日本の官僚も英国や米国に留学していて、こうした文献には目を通しているのでしょうが、そうした知識・経験が全く生かされず、別なヴェクトルで動いているようですね。

この日医の副会長は、言語道断です。何やら日医の幹部になれて、舞い上がっている様子で、言葉は悪いですが、官僚と政治家のお先棒担ぎをしているようにしか思えません。彼等の思考・考えを変えさせるのは無理で、現在の執行部全体に退陣してもらわねばなりません。

末端の会員の声を反映させる方策が全くないことが大きな問題ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/967-212c31c9