FC2ブログ

児玉龍彦教授の提言 

デモクラシータイムズで、児玉龍彦教授等が、COVID19パンデミック、それへの対応について論じている。

PCR検査体制を拡充し、DNAシークエンシングによってウイルスの移動・変異を見極める必要を児玉教授は説いている。COVID19対策の諮問会議は、すでにクラスター解析による感染拡大阻止に失敗している。SARS CoV2や、遺伝子解析の専門家も入っておらず、人選を改める必要がある、ということだ。

こちら。

政府は、パンデミック収束時に何をするかというお花畑の議論を続けている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9683-41cee5fe