FC2ブログ

緊急事態宣言の中身と、その評価  

緊急事態宣言の首相会見で明らかになった、国民への現金給付、休業補償。政府は、国民を直接助ける積りはないことが明らかになった。

ブログ「Everyone says I love you」で述べられていることがすべてだ。

こちら。

緊急事態は、安倍がもたらしたものだ。1月23日には、春節を迎える中国国民に向かって、日本を訪れることを促した。中国から100万人は訪れた、と言われている。その訪日客のなかに、感染者がいたのは明らかだろう。さらに、その後も感染拡大が進むのに、検査を制限し、医療制度の拡充も行わなかった。検査制限は、感染拡大をもたらしただけでなく、国の厚生医療行政を疫学的な基本的知見に依拠せぬ、いい加減なものにした。安倍一派は、オリンピックをこの夏実現することだけを目指していたのだ。それが、感染拡大を広げ、さらに現在、大都市部で医療がひっ迫する事態をもたらした。その安倍が、緊急事態を宣言することは許されない、もし宣言するのであれば、すぐに辞職するべきなのだ。

だが、安倍は外国人記者から、感染抑止が失敗したらどのように責任を取るのか問われ、責任は取らないと明言した。彼には責任を取るという意思は全くない。責任を取らぬのであれば、リーダーの資格はない。昨日の会見も、プロンプターの原稿棒読みで、何も国民に訴えるところがなかった。無責任な政治家が、国を導くことほど忌むべきことはない。

この記事にある、海外での緊急事態宣言への評価は、客観的な正しい評価だ。

以下、引用~~~

「措置遅い」「強制力ない」=緊急事態宣言で海外メディア
2020/04/07 19:26

 新型コロナウイルス感染者急増を受けた日本政府の緊急事態宣言発令について、海外の主要メディアからは、欧米諸国の非常事態宣言などと比べて「大胆な措置を取るのが遅い」「強制力も罰則もない」と厳しい見方が相次いだ。

 AFP通信は、日本の措置には外出禁止や店舗閉鎖などの強制力はなく、違反者への罰則もないため「欧米での都市封鎖(ロックダウン)とは程遠い」と報道。英BBC放送(電子版)は、専門家からは発令が遅過ぎるとの声が出ており、「ドイツや米国は、日本が社会的距離確保の措置実施や新型コロナの広範囲な検査実施に失敗したと強く批判している」と伝えた。

 米CNNテレビ(電子版)も、中国と経済・地理的に関係の深い日本では早い段階で感染者が出ていたのに「世界の他の多くの地域で見られるような大胆な措置を取るのが遅かった」と指摘。集中治療室(ICU)のベッド数や検査数の少なさのほか、人工呼吸器の不足で医療崩壊への懸念が広がっていると報じた。

 一方、ロイター通信は、緊急事態宣言の発令前から、ツイッターで「東京脱出」が話題になっていたと紹介。日本のメディアを引用する形で、別荘地の軽井沢には東京のナンバープレートの車が増えていることを取り上げた。 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9689-df335670