FC2ブログ

緊急事態を宣言してみたものの・・・ 

昨日のポストに記した通り、西村康稔経済再生担当相が、緊急事態の対象地域となった7都府県知事とのテレビ会議で、休業要請を「2週間程度見送る」よう打診したと報じられている。政権は、緊急事態を宣言してみたものの、見込まれる経済的な損失に恐れをなし、緊急事態の中身を骨抜きにしようとしている。政権のぶれる様と、統一的な意思決定のなさが露呈した。

ここは、「国民の健康と安全」を優先すべきであって、経済を重視すべきではない。政権の視線が、大企業に向けられ、経済的損失を少なくすることだけに向いている。国民の2,3割が病気で倒れたら、産業自体が成り立たなくなる。そうしたら、経済的損失は甚大になる。

元東大の教授で現在キングスカレッジロンドン教授、かつWHO上席顧問の渋谷健司教授が、日本の新型コロナ対策について述べている。あのクラスター対策一辺倒のやり方、それに先日の安倍首相の演説が上出来だったとはとても思えないが、渋谷教授の切迫した提言に耳を傾けるべきだろう。2週間後に、再び評価し直す等というのは、緊張感の欠けた物言いだ。

こちら。

政策決定が、国民の安全と健康を目指すべきこと、さらに政策決定は科学的根拠に基づくことが必要なのだが、現実はそうなっていない。

昨日は、掘り起こし石灰を撒いておいた場所に、腐葉土を鋤き込んだ。カンセキでいよいよトマトの苗が売り出されていたので、四つ程購入。さて、2,3日後には植えられるかと思ったら、寒波襲来。寒さ除けシートをかけて、植えることにするか・・・。これまで植えた、レタス、スナップインゲン、ブロッコリーは根付いたように見える。ジャガイモは30個程度植えたが、発芽はまだ。トマトは、やはりGW前後まで待つべきか。

昨夜は、ブラームスの二つのビオラソナタを聴いた。あたたかな響きのなかに、さまざまなことに対する諦めの気持ちが込められている。これまであまり聴いてこなかった二曲。一つ目の最初の楽章の頭、それから二つ目の終楽章の最後に、ピアノソナタ作品1の主題が用いられている由。人生が、円弧を描いて、終焉を迎えるという思いだったらしい。

眠るときには、リヒテルの弾く平均律。これ、本当に絶品。これを聴くたびに、こころが落ち着く。

チェロを少し根を詰めて弾いたら、指先が時々痛む。少し動かしていると、痛みは消える・・・大したことではないのだろうが、こうしたことにも老いが忍び寄っていることを感じる。昨日は、エレジーの早い部分。フィンガリングを新しいものに変えた。一応、指は回るようになったので、あとはメトロノームに載せて正確なテンポで弾く練習。

こころ落ち着けて、一日を過ごそう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9697-6a5b5b86