FC2ブログ

派遣社員の闇 

Yosyanさんのブログ「新小児科医のつぶやき」で、Yosyanさんが秋葉原通り魔殺人事件の犯人が、トヨタ系列の会社への派遣社員であったこと、マスコミはトヨタの名を出そうとしていないことを述べられた。彼の推測では、トヨタがそのようにマスコミに働きかけた可能性があるとのことだが、コメンターからそれに対して根拠がないという強い反論が寄せられている。

この犯人が、派遣社員という不安定な身分に置かれていたことが、彼が凶行に及んだ引き金の一つになっている可能性は高いように思える。彼が、携帯サイトに書き記したモノローグを読んで、そのように感じる。詳細は、彼の自白と、様々な検討を待たなければ明らかにはならないだろう。

が、彼が在籍していた会社がトヨタ関連の自動車部品製造会社であることがほとんど報じられないことはやはりおかしい。トヨタ自身が、マスコミに報道規制をかけたかどうかは分からないが、何か不自然な動きだ。

現在、輸出大企業は、空前の好決算を続けている。その理由として、外国の需要が高いことと合わせて、小泉政権以来続けられてきた、労働市場の規制緩和という名の低賃金非正規労働者の雇用があることは良く知られている。労働市場の流動化などと言った美化された評価は、本質をついていない。本質は、労働搾取である。労働者の収入が落ち込み、国内市場は冷え込んでも構わない。ひたすら低賃金で、都合よく働かせられればよい、という財界の意向が、マスコミ・エコノミスト達の多くから発せられている。

派遣社員の置かれた不安定な立場が、大企業との絡みで問題にされるのは、大企業にとっては好ましからぬことだろう。トヨタが、何らかの手立てを、マスコミに講じたとしてもおかしくは無い。勿論、これはあくまで推測だが、そう考えるのに十分な合理性があるように思える。

介護事業で不正を行い摘発されたグッドウイルが、派遣社員の二重派遣でも訴追されているが、二重派遣は、あちこちで行なわれている。私の身近にもそうしたケースがあった。それなのに、グッドウイルだけが摘発されているのは、何か不自然なものを感じる。派遣社員の問題は、一種のタブーになっているのだろうか。マスコミ・評論家諸氏は、この問題に何故もっと鋭く切り込まないのだろうか。

コメント

こんにちは。ワタシもそれが気になっていたんですよね。
あそこは「部品」と言うよりも、カローラ系の派生車やタクシー等を開発・生産していた、完全なトヨタの一部なのですが、「ト」の字も出ないのは何でかなと。
「報道の自由」と言って時に強権を行使する諸氏、しかしその中に蔓延する、アンバラスな闇を感じますね。

トヨタそのものと考えても良いのですね。昔、三菱自動車だけが叩かれたこともありましたが、経済力だけで、この世の中どうにでもなると考えてもらっては困りますね・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/974-350a2c83