FC2ブログ

すもも 

IMG_0603-1.jpg


この新鮮なスモモ。実は、我が家で今朝採れたものだ。

昨夕、仕事を終えて、日が暮れかかるころ、庭の一角のドウダンつつじの手入れをしていた。そのドウダンつつじの傍に大きく枝を広げる「雑木」の枝に、何か身体にぶつかるものがある・・・よく見てみると、すももがなっている。それも、枝が重さで垂れるほどにたわわに実っている。

IMG_0607-1.jpg


さっそく、いくつか取って、試食。瑞々しくて、さわやかな果汁のたっぷりのすももだ。旬の果物を食べる、田舎に住んでいることによって得られる贅沢の一つ。

このすももの木、これまで春先にいつも毛虫にやられて、樹の勢いも弱かったのだった。何か自然に生えた雑木なのだろうと、気にも留めていなかった。今春は、植木屋さんに除虫をお願いした。すると、樹勢が、見違えるほどになり、枝を大きく伸ばしたのだ。そして、すももを沢山実らせたのだった。

今は亡き父親が、30年ほど前に、もともと母親の実家の土地だったここを手に入れて、開墾し、移り住んだのだった。その頃、またはしばらくしてから、このすももの木を植えておいてくれたのだろう。彼は、庭の手入れが好きで、とりわけ「実」のなる木を沢山植えた。若い頃に、貧しい生活をしたためだったのだろうか。両親が、昔ここにあった伯母の経営する結核サナトリウムで仕事をしていたころ、私は幼児だったのだが、彼は四国小豆島にでかけて、胡桃の木を植える農業を習得してきたこともあった。「実」のなる木が、そういうわけで沢山植えられている。その恩恵に、我々が今与っているということだ。

IMG_0609-1.jpg


さて、私は、未来の子孫に何を残せるのだろうか・・・。

コメント

タシケント時代を思い出します。サクランボが大きな洗面器に何杯も取れて、それでも手の届かないところにたくさん残っていました。スモモはバザールで格安で出ていました。娘が見たら(妻も)大変羨ましがるでしょう。自然の恵みを楽しまれてください。

シルクロードのバザールで売られている、「すもも」や「さくらんぼ」が眼前に浮かびます。収穫してすぐに食べる果物は、美味ですね。今朝も、踏み台を持って行き、20個近く収穫してまいりました。ジャムにでもしようか、家内の両親に送るか・・・毎朝、楽しみです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/990-b65264d3