FC2ブログ

佐川氏の再喚問を! 

森友学園疑惑は、安倍が自らの関与を否定する発言を国会で行ったことで、行政による公文書改ざんという国家犯罪に発展した。

改ざんを直接指示したという佐川元理財局長は、国会証人喚問で、自身が刑事訴追される恐れがあるとして、肝心な内容は殆ど証言を拒否した。

刑事訴追の恐れがなくなった現在、佐川氏をもう一度国会に証人喚問すべきだ。

この国家犯罪によって、国の形が変えられてしまった。それを何としても元に戻さなければならない。改ざんの責任を負わされた赤木俊夫氏は自死をした。その重みをもう一度我々は噛み締めなければならない。

この疑惑を最初に見出した木村真氏が、下記のように記している。

森友学園疑惑は終わらない。

以下、引用~~~

木村 真
「森友学園問題」を考える会
3月24日 · 公開

赤木さんが「遺書」の中で「すべて彼の指示」と“名指し”した佐川宣寿元理財局長。

2018年3月に国会証人喚問を受けましたが、「刑事訴追の恐れ」を理由に、ほとんど何も語りませんでした。

その後、2018年5月に大阪地検特捜部は佐川氏ら財務官僚全員を不起訴に(当時法務省事務次官だった黒川弘務からの圧力があったと言われています)。検察審査会の「不起訴不当」議決と再捜査(ちゃんと再捜査したのかは不明)を経て、2019年9月に不起訴が確定しました。

不起訴自体は不当そのものであり、この国の三権分立など形だけだと思い知らされましたが、ともあれ、「刑事訴追の恐れ」はなくなったのですから、佐川氏をもう一度国会に呼び出して、洗いざらい本当のことを話してもらいましょう!

佐川氏だって、高級官僚に昇りつめたとはいえ、公務員試験を受けて旧大蔵省に入省した普通の公務員にすぎません。彼の独断で改ざんしたとは考えられません。麻生財務相や官邸(菅官房長官、首相補佐官や秘書官)からの「指示」あるいは「圧力」があったのでは、と強く疑われます。

また、佐川氏の指示で赤木さんは改ざん作業をさせられたわけですが、改ざんしてまで隠そうとした国有地の異常な売却(アベ友学園への叩き売り)については、佐川氏も赤木さんも関わっていません。

佐川氏の背後に隠れる「本丸」にどこまで迫れるか?
それが肝心要です。

佐川氏は「入口」に過ぎませんが、それすらできなければ、先へ進むことはできません。
まずは佐川氏の再度の国会証人喚問を!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9958-bdf48615