FC2ブログ

国立感染研 超過死亡グラフ改竄の疑い 

今月8日、このブログで、インフルエンザ超過死亡が新型コロナウイルス感染によるものである可能性が高いことを記した。それと相前後して、同様の指摘がネットで散見されるようになった。

それに根拠となるインフルエンザ超過死亡の国立感染研のグラフが、改竄されているらしいことが分かった。事務的な問題でグラフを変えたと国立感染研は述べているようだが、もともとのデータ、各保健所とのやり取り等を公開していない。超過死亡が明らかになっては都合の悪い当局からの指示で、改竄された可能性が高い。

こちら。

そもそも、安倍政権は、科学よりも政治を優先させている。感染者数、死者数を少なく見せる操作を、ずっと行ってきた。わが国の新型コロナウイルス対策が優れていると自画自賛したのは安倍首相だが、単位人口当たりの死亡率で見ると、東アジアの上から二番目に高い。決して成功していない。さらに、この超過死亡が新型コロナウイルスによるものであるとすると、ダントツで東アジアでの死亡率一位になる。

安倍政権の自画自賛は危険だ。やがてやってくる第二波以降、ウイルスがより強毒性に変異し、さらに第一波以前に成立していた部分的な集団免疫の網にかからなくなっていたら、欧米の悲惨な状況がわが国でも起きるからだ。それを見越して、第二波に備えなければならない。

この改竄が事実だとすると、この国は本当に危ない。公文書のみならず、科学的事実まで政治的に曲げる様な国は、永続しない。

安倍首相は、G7に参加のため訪米し、そのご2週間の検疫期間に入るらしい・・・この時期に、そのような外遊をしていて良いのか。G7は、顔見世興行なのだから、テレビ会議で十分である。新型コロナ・スーパーシティ問題を始め、黒川問題、桜問題、森友学園疑惑等、国会で徹底して議論すべき問題が山積している。これらの多くの問題は、まるで解決したかのようだが、まったく解決からは程遠い。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/9980-3dbb84c4