医療介護への予算は削減、「基金」は満額で存続 

介護報酬が切り下げられる。医療の診療報酬も切り下げが既定方針のようだ。

介護施設(社会福祉法人立)の収支率が相対的に高く、内部留保も多い、というのが、引き下げる理由らしい。

中小企業と比べての話らしいが、大企業と比べたらどうなのだろうか。また、一企業で内部留保が1兆円を軽くこす企業もある製薬企業や、オーナーの収入が年収数十億円という企業もある調剤薬局と比べたらどうなのだろうか。さたに、もっと突っ込めば、景気に左右される民間企業と、公的性格の強い介護施設とを直接比べることに無理はないのだろうか。

税制上優遇されているとしたら、公的な性格があるので、過大な利益を確保し続け、その一方で、介護スタッフの給与を上げないのは問題だが、他の医療介護関係の企業・組織との比較、さらに介護施設が将来必要とするであろう、施設の修繕、改築のための蓄えは十分なのだろうか。公的な性格が、収支面だけに強調されるのも疑問を感じる。この介護報酬の引き下げで、介護内容は劣悪化し、介護スタッフの労働環境はさらに悪化する可能性が高い。

医療介護の公的な予算が減らされる一方、医療と介護のための「基金」は、各々900億円、700億円確保される見込みだと言う。この「基金」なるもの、要するに、行政が医療介護機関に金を配る組織だ。行政の医療介護業界への支配力を維持するための組織なのだろう。また、当然のことながら、基金には運営組織があり、そこには官僚が天下る。こんな組織を作るなら、その予算を、医療介護そのものに振り分ければ良いのだろうに、行政組織は、自らの支配力の温存と、利権の確保だけを考えているようだ。

ここでも、国民のことよりも、行政の利権を優先する施策が行われている。


以下、引用~~~


介護報酬2.27%下げ 9年ぶり減額改定 最終調整

記事:朝日新聞
15/01/10

 来年度予算の最大の焦点となっている「介護報酬」の見直しについて、安倍政権は4月からの引き下げ幅を2・27%とする方向で最終調整に入った。マイナス改定は、過去最大の下げ幅となった2006年度(マイナス2・4%)以来9年ぶり。塩崎恭久厚生労働相と麻生太郎財務相が11日に折衝し、正式に決める。

 介護報酬は介護保険サービスの公定価格で、3年ごとに見直される。下がれば介護保険の支出が減り、原則サービス費用の1割の利用者負担も減るメリットがある。一方、事業者がもらえるお金が減り、サービスの質が下がる恐れがある。

 前回の12年度改定は1・2%、前々回の09年度は3・0%のプラス改定だった。介護現場での人手不足解消のため、職員の給与アップなど待遇改善を図るのが主な狙いだった。

 厚労省はまだまだ改善が必要だとし、今回も当初はプラス改定を要求した。一方、財務省はマイナス4%の大幅引き下げを求めた。企業の利益率に近い介護事業者の「収支差率」は8%ほどあり、2%ほどの中小企業を上回る。介護報酬を下げても職員の待遇改善はできるとの主張だった。

 待遇改善の財源には、もともと今年秋に予定されていた消費税10%引き上げによる税収が充てられるはずだった8%への引き上げ分をすべて、社会保障に振り向ける、と絶叫していた某党党首がいた・・・ブログ主)。だが増税が先送りされ、マイナス改定は避けられないと厚労省も判断。しかし財務省の大幅引き下げ要求に、自民党厚労族議員や介護業界が「介護崩壊につながる」と強く反発し、下げ幅をどこまで小さくできるかが焦点となっていたすでに過去形・・・ブログ主)。

 (蔭西晴子、疋田多揚)

Brian K9VKY 

Brianは、リタイアしたパイロット。ペンシルバニア在住のCWと古いリグの愛好家だ。21メガが東海岸に開けると、よく呼んでくれる。父上がチェロを弾いておられたとか。私の、qrz.comのbio.に記したCWの現状と将来についての文章の内容に同意すると仰って下さる。いつもバグキーでのんびりとおしゃべりを楽しむ方だ。

彼が:無線を始めたのは1960年、最初のセットアップは、6V6 807の水晶発振の送信機に、ハマーランドのHQ140Xだったとか。旧いリグの収集と修理を楽しんでおられるそうだ。

以下、彼の収集品。勿論、実際に用いている。

コリンズのSライン。この機械を使っている方も少なくなってきた。

Remaining Radios 2007 006 k9vky

Sラインの一世代前のコリンズ製送受信機。受信機は75A4か。

Radio Fombell 001lk9vky

Radio Fombell 007 k9vky

同じく、コリンズの受信機に、ハリクラフター(?)の送信機。この送信機はバイキングだったかしらん。

Bug Display 004 k9vky

これは1929年製のTNT発振器。

1929 TNT Oscillator 001 k9vky

ベルリンの壁崩壊から25年、そして朝鮮半島の人々 

ベルリンの壁崩壊から、25周年になる。友人のReinhard DL7UFが、その時の様子、そして彼自身が壁をハンマーと鏨で壁を壊している写真をfacebookにアップしていた。壁の前で、彼は満面の笑みを浮かべ、ポーズを取っている。当時の西ドイツの経済力があったから、東ドイツの吸収合併が上手く行ったのだろう。同じく無線の友人、Joe 現在のDL4CF、当時はY46HQHだったか、が、壁崩壊を前後してactiveに無線に出ていたのを思い出す。東ドイツのアマチュア無線家は、まず無線でラグチューをしなかったものだが、壁崩壊の数か月前からJoeは、いろいろと個人的なことなどを語りだしたのが印象に残っている。数年後、Joeに会った時に、東西格差はまだ残っているといっていたが、現在では大分改善したのだろうか。Joeは、その直後、カリフォルニアの共通の友人 Bob W6CYXを訪ねている。この週末も、英国で行われているFOCの集まりにでかけている様子だ。きっと経済的にもかなり回復しているのだろう。ドイツの友人たちにこころからおめでとうと申し上げたい。

早い時期に民族が合同できたドイツを見ると、いつも朝鮮の人々のことを思い起こす。朝鮮では、南北に分断されるするに際して、国土全体が戦争に巻き込まれた。そして、現在も南北に分離したままだ。特に、北朝鮮の人々は、異形の政権が続き、大きな苦しみの渦中にある。はっきり申し上げれば、彼らの苦しみに対して、わが国、国民には責任があると思う。朝鮮併合をすることが、現在の南北に引き裂かれた朝鮮民族の方々の状況をもたらしたと言えるからだ。朝鮮占領の責任を様々に自己弁護する向きもある。しかし、それらは見苦しい詭弁に過ぎない。

今、朝鮮の方々、在日の方々も含めて、を悪しざまに言い、攻撃する輩がいる。彼らの言い分には根拠がない。国連からも彼らの言動、そしてそれを許容するわが国政府の在り方に、強烈な批判がある。私は、個人的に、アマチュア無線、仕事をとおして、韓国の方々、そして在日の方々と知り合いである。皆尊敬すべき方々である。社会のマイノリティを排除し、隣国である勧韓国・北朝鮮の人々を悪しざまに言う運動は、一種の社会病理現象である。そうした運動には断じて否と言わなければならない。

今月下旬、韓国からアマチュア無線の友人 Lee HL2DCが来日される。彼とは、1960年代からの付き合いである。1980年代には、彼とご家族は仕事で日本に滞在され、お子様を連れて、我が家にお出でくださったこともあった。無線で会うたびに、韓国に来るようにと勧めてくださる。信頼のおける大切な友人だ。韓国訪問をしたいと以前から思っていたが、彼が再び日本を訪れることが先になった。彼と奥様に、東京でお目にかかり旧交を深めさせていただくつもりだ。北朝鮮とは臨戦態勢にあるためか、韓国の方々に会うと、彼らの背筋が、(思想的な意味で)ピシッとしていることを感じる。ヘイトスピーチをしている連中には、韓国や在日の方々と個人的な交流があるのか、是非聞いてみたいものだ。我々日本人には、朝鮮民族の方々に負い目がある。

1960年代のLee。

IMG-1_20141109191108700.jpg

1980年代のLee。

IMG_0002-1_201411091910165cf.jpg

太陽面活動の最後の輝きと,CWによる会話の楽しみの最後の光芒 

太陽黒点数は、低下してきているようだが、昨日も21メガはお昼ころまで北米全体に良く開けていた。何人かの友人たちとおしゃべりに興じた。

W2MV Alan。ニューヨーク在住。今求職中で、自宅で自宅周りの仕事と、無線とでそれなりに忙しくしているらしい。朝起きた時に、喉が痛むという。風邪のひき始めと考えて、ヴィタミンCを飲んだとのこと。それは、プラセボ効果しかないね、というと、そうかもしれないが、対応はそれしかないとのこと。良く聞くと、後鼻漏や、副鼻腔の圧迫感があるとのことで、副鼻腔炎確定だ。翌週には、彼自身と息子さんの誕生日があるので、息子さんが仕事で滞在中のWash DCまででかけて、二重の誕生祝をする由。自宅で暇そうにしていると、奥様が、DXpeditionにでも行って来たらとそそのかすそうだ。何という理解のある奥様・・・もしかすると、厄介払い?あちらは、カリブの島々が近いから、気軽にそれもできるのだろう。だが、私の場合で言えば、XUに行って、1時間もパイルを受けたら、もう飽きたものだったと、昔話をひとくさりした。12月上旬にフロリダで行われるFOCの集まりに、最近まで行く方向で考えていたが、諸般の事情で断念せざるを得なくなったというと、私が行くのだったら、彼も行くことを考えたのだがね、と仰る。まぁ、外交辞令も半分あるのかもしれないが、悪い気はしない。今年春のW5のミーティングでも、彼と会える機会はあったのだが、私が行けず会えなかった。彼は、元々数学を勉強した方だが、チェンバロもかなり弾くらしい。どこかで直接お目にかかりたいものだ。

ついで、W6DVO Mark。彼とは、2年前シアトルでお目にかかり、お話をしたことがある。お元気そうだ。仕事もフルに行っている由。教師を指導する仕事のようで、現在7名の教師を担当しているらしい。そのうち、3名が、彼の住む、北西部のカリフォルニアから遠く、サクラメント、シエラネバダ東部に住むとのことだ。先日、新しくした単車で彼らに会い、そしてライドを楽しむために出かけたらしい。行き帰りと、サクラメントの娘さんのお宅に泊まる、往復各々に二泊かかる旅行だった由。3000から4000m級の山を越えてゆくのだが、木々が美しく色づいていた由。もう70歳半ばになると思われるが、この活発さに圧倒される思いだ。革のツナギの服を着て、颯爽と山々を駆け抜けている彼の姿を思い描いた。自宅で飼育している、猫、犬、鶏、それにガチョウも元気の由。時々、熊が訪れてきて、困っているとのこと。

こんな話題について、私のnavigation速度である30WPM程度の速さで会話していると、頭が活性化されてくるのを感じる。あのコンテストスタイルの交信では得られぬ楽しみだ。CWで解読する楽しみと、相手の友人についてより深く理解することのできる愉悦とである。残念なことに、この楽しみを共有する方々がどんどん少なくなっているような気がする。CWという通信手段、認識手段の最後の光芒なのかもしれない。何であれ、自分なりに楽しんでゆきたいものだ。

「増税」に際しては、「社会保障の充実」と唱えればよい? 

消費税増税分は、すべて社会保障の充実に回すと、安倍首相がはっきり言っていたわけだが?消費税の10%への増税ができないと、社会保障への手当てが十分できない、と言う財務大臣。社会保障の充実といえば、増税が受け入れられると考えているわけだ。国民もバカにされたものだ。

景気の好循環とは、何時になったら実現するのか?

確かに、増税をすることは仕方ないと思うのだが、空前絶後の金融緩和政策を続けて、それで市場の信認を得られるのか?金融緩和によって市場に出回るはずの金は、日銀の東西預金に積み増しされるだけになっているようだが、景気の「回復」等ありうるのかね。安倍首相は、高度経済成長の時代の経済を再び実現すると考えているようだが、現実認識、それにマネタリスト流の考えが甘いのではないのか?

疑問だらけの経済財政政策ではある。


以下、引用~~~


消費税10%先送りは少子化対策「困難に」 麻生財務相

記事:朝日新聞
14/10/20

 麻生太郎財務相は17日、来年10月と法律で定めた消費税率10%への引き上げを見送った場合は、再増税を前提にしている待機児童解消など少子化対策の実行が「極めて困難になる」との見方を示した。来年度予算案に、再増税の影響を和らげる対策を盛り込むことを検討していることも明らかにした。

 衆院財務金融委員会で古川元久氏(民主)の質問に答えた。消費税率5%から10%への引き上げで増える税収(年間14兆円)のうち2・8兆円を子育てや医療など社会保障の充実に回す方針が決まっている。麻生氏は「仮に(税率)8%にとどまった場合、社会保障の充実に振り向けられるのは1・3兆円ぐらいになり、予定した充実案の実行は極めて困難になる」と述べた

 また、再増税の先送りで「政府の財政健全化の意思に疑念を持たれると市場の反応は予測しがたく、(政府としての対応は)極めて困難」と強調し、再増税を前提に「経済の好循環を確かなものにする対策を来年度予算に盛り込むことを鋭意検討中だ」とした。日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁も「(再増税の)先送りで財政運営に対する市場の信認が失われると、(日銀としても)対応が極めて困難になる」と答弁した。

伊藤バイオリン工房再訪 

午後、台風の影響で豪雨の降るなか、桐生市の伊藤バイオリン工房に出かけた。チェロの側板下部、エンドピンの穴の前後に「ヒビ」が見られたためだ。雑音等はなく、叩いてもビリツキはなかったのだが。念のために見ていただくことにした。

桐生市のメインストリートは、やはりシャッター通りとなっていた。日曜日の午後だというのに・・・。いつも駐車スペースに困るのだが、近くに安い料金の駐車場を発見。

約束の時間に間に合った。いつものひょうひょうとした表情で楽器を見てくださる。ひび割れかもしれないと思われた部位は、問題なしとのこと。「ニスのレタッチをするだけで良いでしょう」と。ただ、テールガットを受ける表板に接着されたサドルが、浮いてきてしまっており、急ぐことはないが、補修が必要だろうとのこと。確かに、テールガットの強力な上部方向への力を受け、サドルが浮き上がりかけている。私は全く気付かなかった。お盆休みに入ってしまうので、楽器を預けると時間がかかることになる。また機会を改めて持参することにした。

以前から気になっていたG線第四ポジションのウルフ。ウルフエリミネーターというボタン型のウルフキラーを購入。ウルフが完璧に消えるわけではないが、軽減される。「ウルフが出る楽器は、良くなる楽器だから、どこかで妥協でしょうね」という彼の言葉に頷く。

彼は、新作のバイオリンを製作中の様子。製作工程は、パーフリングを埋め込む手前まで進んでいた。秋の弦楽器フェアーに出品する予定だとか。とても丁寧な制作振りの楽器、是非聞いてみたいものだ。弦楽器フェアーでの試奏会への招待状を送って下さる由。この楽器は、「珍しく」・・・と彼は言う・・・購入予約が入っている楽器だそうだ。来年はいよいよチェロの新作に挑戦される予定とか。30代半ばに差し掛かろうという彼に、「今が一番productiveな時期になるのかもしれませんね」と申し上げると、確かに、今楽器制作に精を出す時期だと思っている、とのこと。雑用を減らして、楽器制作を進めてゆきたいと思っているとのことだった。楽器製作者には、制作楽器というものがのちの世に残るのだなと改めて思った。これからが、彼にとっては勝負の時期だ。

彼のサイトのDAIRYというページ、5月の記事で、指板交換を受けているのが、私の愛機・・・すぐ分かるのは、やはり家族みたいになっているからか。

1時間半のドライブだが、やはり目の問題で結構疲れる・・・早めに手術を受けなきゃ・・・。

安倍首相の言葉のかるさ その2 

安倍首相の言葉のかるさ、というか欺瞞をもう二点挙げる。

5月15日、安保法制懇の報告書を受け取ったその日に、政府の方針を述べた、彼の記者会見。この内容については、様々な疑問・批判が挙げられている。なかでも、パネルで示した、海外での有事(朝鮮半島での有事を想定している)の際に、米軍によって日本人が帰国するということは、現実には生じえない。

現憲法下では、日本人の女性や、赤ちゃんが、米軍の輸送艦に乗せられて紛争国から帰国する際に、敵国から攻撃されても、自衛隊は援護できないと、安倍首相は言う。「世界8月号」半田滋氏による「他衛の戦争に駆り立てられる日本人」によると、1997年、日米ガイドラインの協議で、日本側が求めた有事の際の在外邦人の輸送は米側から拒否されている。米軍の輸送艦で帰国する日本人は存在しえないのである。米軍だけでなく、オーストラリア、カナダ等の軍隊であっても、自国民の避難が優先課題であり、他国の民間人の避難は行わぬことになっている。当然、非常事態が迫る段階で、そうした在外邦人は、民間の輸送機関によっていち早く帰国することになる。

か弱い女性や子供を輸送する米軍を援護しないでいて良いのか、という問題提起自体が成立しない。首相たるもの、それを知らぬはずはない。それにもかかわらず、こうした問題提起をするのは、国民の「情」に訴えるためには、嘘も許されようという、欺瞞である。

記者会見では、アフガンやイラクでの戦争に巻き込まれることはない、と安倍首相は断言している。しかし、地域の限定を行わぬ、他衛を本質とする集団的自衛権では、実際上、米国から戦争への加担を求められれば、断れるはずがない。実際、これまで、わが国は米国の戦争・武力行使をすべて認め、かつ援護してきた。危急の事態のもと、米国からの情報だけで、戦争に加担するかどうかを判断するとなると、集団的自衛権は義務となり自衛隊に米軍との共同行動をとることにならざるを得ない。今年末に行われるガイドラインの改訂で、この集団的自衛権を、わが国政府は盛り込むつもりらしい。すると、集団的自衛権は、権利ではなく、義務となる。米軍の起こす戦争に巻き込まれない、という安倍首相の言葉はあまりにかるい。

かように、安倍首相の発言は、反知性的であり、情念に由来する、そして内容は欺瞞である。

安倍首相の5月15日の記者会見。13分前後から注目。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0515kaiken.html

法人税減税とは一体何を考えているのだろうか? 

大企業の内部留保は、すでに200兆円を超えている。小泉構造改革以降給与所得は減り続けている。

そこで、黒字企業の多い大企業を中心とする企業に対して、さらなる法人税減税を行うという。

2009年OECDの統計によると、法人税は確かに国際的に見て高い。が、社会保険料事業主負担を合わせた、企業の公的負担対GDP比では、日本は、OECDの平均を下回っている(井手英資著「日本財政 転換の指針」)。企業の公的な負担は決して高くはないのだ。

益税たる輸出戻し税や、自動車販売に際しての補助金の類で、自動車製造業等は大いに潤っているはずだ。もっとも、あの世界一の規模を誇るトヨタも2009年から2013年まで黒字を計上しているのに、法人税を払わずにきたとも言われている。それを知って、私は唖然とした。大企業には、すでに幾重もの財政的な援助が知られぬ形で行われているわけだ。

これから医療福祉に大きな財源が必要になるというのに、現時点で、法人税減税をするとは一体何事だろうか。お金には色がついているわけではないので、消費税増税分がそっくり法人税減税の財源になる可能性が高い。消費税増税は、医療福祉のために、そして国家財政の再建のために用いるのではなかったのか。雇用を確保し、国民生活の向上を図るための法人税減税とは、何たる誤魔化しだろうか。


以下、引用~~~

法人税、数年で20%台=安倍首相「雇用確保し生活向上」-骨太素案決定・諮問会議

2014年6月13日(金)16時51分配信 時事通信

 政府の経済財政諮問会議は13日の会合で、経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の素案を決定する。これに先立ち安倍晋三首相は、焦点である法人実効税率(現在約35%)について、首相官邸で記者団に「来年度から数年間で20%台に引き下げることを目指す。骨太の方針に明記し明確なメッセージを出したい」と表明した。政府は与党との協議を経て、骨太の方針を6月下旬に閣議決定する。
 首相は、法人実効税率を引き下げる狙いを「雇用を確保し、国民生活の向上につなげていきたい」と説明。税収減を補う財源については「しっかり確保していく」と述べ、検討を急ぐ考えを示した。 

大根初収穫 

大根がようやく初収穫。小ぶりだが、取れたての弾力のある大根。サラダに混ぜてみた。

011-1_20140602191355a28.jpg

大根を手にして家に向かうときに、どういうわけか小声で母のことを呼んでみた。「夕飯だよ」と・・・。

米国でガンにかかると・・・ 

ある米国人の友人の最近の話。ご家族がガンにかかり、手術をしたものの、今後化学療法が必要になるらしい。ご本人は、転移の有無などの精査がこれから必要になるし、化学療法のストレスもおありになることだろう。直接存じ上げている方でもあり、気がかりなことだ。

ある事情で、健康保険に加入していない状況のようだ。手術代が確か200数十万円。PETなどの検査に50万円。そして一年間続く化学療法のコストは月40万円だとか。合併症が起きると、これだけでは済まない。大病をすると、これだけのコストが患者にかぶさってくるわけだ。そのコストを保険でカバーしようとすると、保険の支払もかなりの額になるのである。

日本の医療も、このような米国流の市場が支配する医療に変わりつつある。