FC2ブログ

「増税」に際しては、「社会保障の充実」と唱えればよい? 

消費税増税分は、すべて社会保障の充実に回すと、安倍首相がはっきり言っていたわけだが?消費税の10%への増税ができないと、社会保障への手当てが十分できない、と言う財務大臣。社会保障の充実といえば、増税が受け入れられると考えているわけだ。国民もバカにされたものだ。

景気の好循環とは、何時になったら実現するのか?

確かに、増税をすることは仕方ないと思うのだが、空前絶後の金融緩和政策を続けて、それで市場の信認を得られるのか?金融緩和によって市場に出回るはずの金は、日銀の東西預金に積み増しされるだけになっているようだが、景気の「回復」等ありうるのかね。安倍首相は、高度経済成長の時代の経済を再び実現すると考えているようだが、現実認識、それにマネタリスト流の考えが甘いのではないのか?

疑問だらけの経済財政政策ではある。


以下、引用~~~


消費税10%先送りは少子化対策「困難に」 麻生財務相

記事:朝日新聞
14/10/20

 麻生太郎財務相は17日、来年10月と法律で定めた消費税率10%への引き上げを見送った場合は、再増税を前提にしている待機児童解消など少子化対策の実行が「極めて困難になる」との見方を示した。来年度予算案に、再増税の影響を和らげる対策を盛り込むことを検討していることも明らかにした。

 衆院財務金融委員会で古川元久氏(民主)の質問に答えた。消費税率5%から10%への引き上げで増える税収(年間14兆円)のうち2・8兆円を子育てや医療など社会保障の充実に回す方針が決まっている。麻生氏は「仮に(税率)8%にとどまった場合、社会保障の充実に振り向けられるのは1・3兆円ぐらいになり、予定した充実案の実行は極めて困難になる」と述べた

 また、再増税の先送りで「政府の財政健全化の意思に疑念を持たれると市場の反応は予測しがたく、(政府としての対応は)極めて困難」と強調し、再増税を前提に「経済の好循環を確かなものにする対策を来年度予算に盛り込むことを鋭意検討中だ」とした。日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁も「(再増税の)先送りで財政運営に対する市場の信認が失われると、(日銀としても)対応が極めて困難になる」と答弁した。

伊藤バイオリン工房再訪 

午後、台風の影響で豪雨の降るなか、桐生市の伊藤バイオリン工房に出かけた。チェロの側板下部、エンドピンの穴の前後に「ヒビ」が見られたためだ。雑音等はなく、叩いてもビリツキはなかったのだが。念のために見ていただくことにした。

桐生市のメインストリートは、やはりシャッター通りとなっていた。日曜日の午後だというのに・・・。いつも駐車スペースに困るのだが、近くに安い料金の駐車場を発見。

約束の時間に間に合った。いつものひょうひょうとした表情で楽器を見てくださる。ひび割れかもしれないと思われた部位は、問題なしとのこと。「ニスのレタッチをするだけで良いでしょう」と。ただ、テールガットを受ける表板に接着されたサドルが、浮いてきてしまっており、急ぐことはないが、補修が必要だろうとのこと。確かに、テールガットの強力な上部方向への力を受け、サドルが浮き上がりかけている。私は全く気付かなかった。お盆休みに入ってしまうので、楽器を預けると時間がかかることになる。また機会を改めて持参することにした。

以前から気になっていたG線第四ポジションのウルフ。ウルフエリミネーターというボタン型のウルフキラーを購入。ウルフが完璧に消えるわけではないが、軽減される。「ウルフが出る楽器は、良くなる楽器だから、どこかで妥協でしょうね」という彼の言葉に頷く。

彼は、新作のバイオリンを製作中の様子。製作工程は、パーフリングを埋め込む手前まで進んでいた。秋の弦楽器フェアーに出品する予定だとか。とても丁寧な制作振りの楽器、是非聞いてみたいものだ。弦楽器フェアーでの試奏会への招待状を送って下さる由。この楽器は、「珍しく」・・・と彼は言う・・・購入予約が入っている楽器だそうだ。来年はいよいよチェロの新作に挑戦される予定とか。30代半ばに差し掛かろうという彼に、「今が一番productiveな時期になるのかもしれませんね」と申し上げると、確かに、今楽器制作に精を出す時期だと思っている、とのこと。雑用を減らして、楽器制作を進めてゆきたいと思っているとのことだった。楽器製作者には、制作楽器というものがのちの世に残るのだなと改めて思った。これからが、彼にとっては勝負の時期だ。

彼のサイトのDAIRYというページ、5月の記事で、指板交換を受けているのが、私の愛機・・・すぐ分かるのは、やはり家族みたいになっているからか。

1時間半のドライブだが、やはり目の問題で結構疲れる・・・早めに手術を受けなきゃ・・・。

安倍首相の言葉のかるさ その2 

安倍首相の言葉のかるさ、というか欺瞞をもう二点挙げる。

5月15日、安保法制懇の報告書を受け取ったその日に、政府の方針を述べた、彼の記者会見。この内容については、様々な疑問・批判が挙げられている。なかでも、パネルで示した、海外での有事(朝鮮半島での有事を想定している)の際に、米軍によって日本人が帰国するということは、現実には生じえない。

現憲法下では、日本人の女性や、赤ちゃんが、米軍の輸送艦に乗せられて紛争国から帰国する際に、敵国から攻撃されても、自衛隊は援護できないと、安倍首相は言う。「世界8月号」半田滋氏による「他衛の戦争に駆り立てられる日本人」によると、1997年、日米ガイドラインの協議で、日本側が求めた有事の際の在外邦人の輸送は米側から拒否されている。米軍の輸送艦で帰国する日本人は存在しえないのである。米軍だけでなく、オーストラリア、カナダ等の軍隊であっても、自国民の避難が優先課題であり、他国の民間人の避難は行わぬことになっている。当然、非常事態が迫る段階で、そうした在外邦人は、民間の輸送機関によっていち早く帰国することになる。

か弱い女性や子供を輸送する米軍を援護しないでいて良いのか、という問題提起自体が成立しない。首相たるもの、それを知らぬはずはない。それにもかかわらず、こうした問題提起をするのは、国民の「情」に訴えるためには、嘘も許されようという、欺瞞である。

記者会見では、アフガンやイラクでの戦争に巻き込まれることはない、と安倍首相は断言している。しかし、地域の限定を行わぬ、他衛を本質とする集団的自衛権では、実際上、米国から戦争への加担を求められれば、断れるはずがない。実際、これまで、わが国は米国の戦争・武力行使をすべて認め、かつ援護してきた。危急の事態のもと、米国からの情報だけで、戦争に加担するかどうかを判断するとなると、集団的自衛権は義務となり自衛隊に米軍との共同行動をとることにならざるを得ない。今年末に行われるガイドラインの改訂で、この集団的自衛権を、わが国政府は盛り込むつもりらしい。すると、集団的自衛権は、権利ではなく、義務となる。米軍の起こす戦争に巻き込まれない、という安倍首相の言葉はあまりにかるい。

かように、安倍首相の発言は、反知性的であり、情念に由来する、そして内容は欺瞞である。

安倍首相の5月15日の記者会見。13分前後から注目。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0515kaiken.html

法人税減税とは一体何を考えているのだろうか? 

大企業の内部留保は、すでに200兆円を超えている。小泉構造改革以降給与所得は減り続けている。

そこで、黒字企業の多い大企業を中心とする企業に対して、さらなる法人税減税を行うという。

2009年OECDの統計によると、法人税は確かに国際的に見て高い。が、社会保険料事業主負担を合わせた、企業の公的負担対GDP比では、日本は、OECDの平均を下回っている(井手英資著「日本財政 転換の指針」)。企業の公的な負担は決して高くはないのだ。

益税たる輸出戻し税や、自動車販売に際しての補助金の類で、自動車製造業等は大いに潤っているはずだ。もっとも、あの世界一の規模を誇るトヨタも2009年から2013年まで黒字を計上しているのに、法人税を払わずにきたとも言われている。それを知って、私は唖然とした。大企業には、すでに幾重もの財政的な援助が知られぬ形で行われているわけだ。

これから医療福祉に大きな財源が必要になるというのに、現時点で、法人税減税をするとは一体何事だろうか。お金には色がついているわけではないので、消費税増税分がそっくり法人税減税の財源になる可能性が高い。消費税増税は、医療福祉のために、そして国家財政の再建のために用いるのではなかったのか。雇用を確保し、国民生活の向上を図るための法人税減税とは、何たる誤魔化しだろうか。


以下、引用~~~

法人税、数年で20%台=安倍首相「雇用確保し生活向上」-骨太素案決定・諮問会議

2014年6月13日(金)16時51分配信 時事通信

 政府の経済財政諮問会議は13日の会合で、経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の素案を決定する。これに先立ち安倍晋三首相は、焦点である法人実効税率(現在約35%)について、首相官邸で記者団に「来年度から数年間で20%台に引き下げることを目指す。骨太の方針に明記し明確なメッセージを出したい」と表明した。政府は与党との協議を経て、骨太の方針を6月下旬に閣議決定する。
 首相は、法人実効税率を引き下げる狙いを「雇用を確保し、国民生活の向上につなげていきたい」と説明。税収減を補う財源については「しっかり確保していく」と述べ、検討を急ぐ考えを示した。 

大根初収穫 

大根がようやく初収穫。小ぶりだが、取れたての弾力のある大根。サラダに混ぜてみた。

011-1_20140602191355a28.jpg

大根を手にして家に向かうときに、どういうわけか小声で母のことを呼んでみた。「夕飯だよ」と・・・。

米国でガンにかかると・・・ 

ある米国人の友人の最近の話。ご家族がガンにかかり、手術をしたものの、今後化学療法が必要になるらしい。ご本人は、転移の有無などの精査がこれから必要になるし、化学療法のストレスもおありになることだろう。直接存じ上げている方でもあり、気がかりなことだ。

ある事情で、健康保険に加入していない状況のようだ。手術代が確か200数十万円。PETなどの検査に50万円。そして一年間続く化学療法のコストは月40万円だとか。合併症が起きると、これだけでは済まない。大病をすると、これだけのコストが患者にかぶさってくるわけだ。そのコストを保険でカバーしようとすると、保険の支払もかなりの額になるのである。

日本の医療も、このような米国流の市場が支配する医療に変わりつつある。

Nelson Textbook of Pediatrics 19th ed 

レジデント以来、定評のある上記のテキストが版を変えるごとに、または一つ二つ版の間隔をあけて、4,5年毎に購入してきた。2年前に新版が出て、さてどうしようかと考えた。もうリタイアしつつある身分だからだ。

パート先の病院外来に、一つ前の版が置いてあり、必要なところをパラパラと読んだら、私が積極的にこのテキストに当たっていた、20年近く前と比べて、格段の進歩があることに驚かされた。当然と言えば、当然なのだが、様々な疾患の病因、特に先天性疾患の遺伝学的な病因が悉く書き換えられている、または書き加えられているのだ。その理論的な整合性に圧倒されるような思いになった。

で、一昨日、19版をネットでポチっとしてしまった。到着したこの本を見て、家人は、笑っていた。まぁ、この10数年は、いわば学問的には暗闇の10数年であったわけだし、この先知識を新しくする必要性はないわけだから、笑われても仕方あるまい。

一生勉強だ、というと少し口幅ったいが、たのしみながら、様々な新しい知見・情報を得てゆこう。臨床の世界で生きてきて、そうした知識が新たな体系となって私の頭の中に入ってくるのではないかと、多少ワクワクした気分と、遅きに失したかという忸怩たる思いとの交錯するなかで、期待している。いわば、趣味の小児科学の開講だ。


003.jpg

どうしたら、この結論になるのか?運転免許の病気申告の制度 

一体どうして、行政の検査を受ければ安心して運転ができるだの、ましてや、この制度で事故が減ったと断言できるのか、大きな疑問だ。

この制度導入で、本当に事故が減るのかどうか、しっかり検証してもらいたい。

新聞記者も、行政の言うことをただ載せるのではなく、批判的に検証しないと、ね。

そこはかとなく、精神疾患への偏見の臭いのする行政の施策だ。


以下、引用~~~


病気で免停・取り消し激増…茨城

記事:読売新聞

 てんかんや認知症など運転に支障をきたす病気が理由の運転免許の停止・取り消し処分が昨年だけで77件に上り、3年前の1件から激増している。

 てんかん患者らによる死傷事故の続発や持病を隠した免許の取得・更新に対する懲役刑の新設を受け、茨城県警の「運転適性相談」を訪れるドライバーが倍増したことや県警がドライバーの病状把握に積極的に乗り出したためとみられる。

 県警運転管理課によると、てんかんや認知症、統合失調症、睡眠障害などの病気を原因とする昨年の免許取り消し処分は33件(前年比29件増)で、停止処分は44件(同27件増)だった。今年も8月末現在で、既に取り消し39件、停止38件と前年を上回るハイペースだ。2010年は取り消し1件のみ、08年には停止と合わせてもゼロだった。

 処分が急増した背景には、栃木県鹿沼市で、てんかん発作を起こしたクレーン車の運転手による児童6人死亡事故(11年4月)や、水戸市で、低血糖で意識障害に陥った男の車が車列に突っ込んだ3人死亡、4人軽傷の事故(同8月)、京都市でてんかんの持病がある男の車が暴走し、死者7人、重軽傷者12人を出した事故(12年4月)がある。

 県警は02年、持病や身体に障害がある人に免許取得や運転技能に関する助言を行う無料の「運転適性相談」を免許センター内に開設。相談件数は年間400-600件で推移してきたが、11年に783件、12年は1564件と急増。特にてんかん関連の相談は11年が89件、12年は280件と増えている。

 相談で異状があった場合、身体機能や精神状態などを調べる「臨時適性検査」に移され、免許保有の可否を判断される。また、県警は交通違反者や事故当事者などへの聞き取りも強化。言動に違和感があった場合は適性相談や専門医への受診を強く勧め、検査対象者の早期発見につながっている。

 同課は「他県の事故を聞いて、『怖くなった』『自分の能力を確認したい』と相談に来る人が多く、事故防止に効果が出ている」としている。

 今年6月には意識障害の有無や発作歴などを偽った免許の取得・更新に「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」を科す改正道路交通法が成立。だが、持病があっても医師の診断次第で運転は可能だ。同課は「検査で『問題なし』と判断されれば安心して運転できる。少しでも病状や体調に不安を感じたらすぐに相談してほしい」としている。

FOC 75周年 

FOCが発足して75周年だそうで、今月中、その記念行事が行われている。詳細は良く知らないのだが、FOCメンバー、FOC特別局(サフィックスにFOCとつく局)と一定数交信すると、アワードが授与されるというもの。今月上旬から、それらの特別局、それにメンバーも活発に運用し始めている。

当初、この記念行事では、昔の思い出を共有する連中が出てきて、昔話をすることを、私は期待していた。が、今までのところ、特別局へのパイルごっこ、という言い方が悪ければ、パイル合戦を、皆で楽しんでいる様子だ。WまたはK*FOCという局が特にたくさん出ていて、何日かでそのコールを持ち回りで皆で運用しているらしい。日本だったら、さしずめ宅配便でリグと免許証を、次の運用者に送るところだろうが、米国では、そのような馬鹿げたことはなく、何日の午前0時から、誰それの順番ということで、途切れることなく運用されているようだ。

特別局へのパイルに参加しても、はじかれてしまうことも度々あり、それが理由と言うことではないが、あまり関心もなくなってしまった。毎週末開催される種々のコンテストが、異様な数に増えていることと、このFOCのパイルごっこも根は同じなのかもしれない。コミュニケートする道具としてのアマチュア無線は、過去のものとなり、一種のゲームとしての存在でしかなくなってしまったのかもしれない・・・という、私がいつも繰り返している結論にたどり着く。ま、楽しみ方は様々、他人の楽しみに異を唱えても仕方あるまい。

昨夜、CONDXがとても良く、14メガで北米が強力に入感していた。Rod K5BGBが、昔懐かしい美しいキーイングで呼んできてくれた。彼のことは以前にも何度か記しているが、1980年代に7メガの夕方に出没していた常連であり、さらに1988年私がFOCに入るときに、推薦者の一人になってくださった方でもある。私を推薦してくださった方は7、8名いたはずなのだが、覚えている範囲では、Rod以外に存命の方は、Chris G4BUEだけになってしまった。いずれにせよ、大切な友人・先輩のお一人である。

彼は、昔は、バーチカルを2エレのフェーズドアレーにして出ておられたが、数年前に引っ越してからは、屋根すれすれのOCF DPしか張れず、さらに通常5WのQRPでの運用になってしまったので、7メガでお目にかかることは殆どなくなってしまった。昨夜は、QRO 40Wで出ているとのことだった。奥様ともども元気にしておられること、仕事も継続している、テニスも現役で、シングルの試合でも3セット程度はできることなどを伺った。やはりダブルスの方が楽だけれどね、と言って、笑っておられた。現在71歳。近いうちに、トップローディングのバーチカルを7、10メガ用に作って試してみたいとのことだった。昔の交信仲間である、Tim VK3IMがモービルで使っていた、大きなトップハットにすると良いですねと話すと、「そうそう!」と受けていた。

Rodは、CWopsが発足した時に(またはその前だったか・・・)、FOCを去り、CWopsも彼の望むクラブではなかったと言って、1,2年で辞めてしまった。その経緯の詳細を尋ねたことはないが、今回のパイルごっこのFOCイベントを見てみると、同じようなことを彼も考えていたのではあるまいか、と考えてしまう。彼の音楽的ともいえるキーイングを聴きながら、何時までもお元気で無線や仕事、テニスに活躍なさってもらいたいものだと強く思った。きっとまたお目にかかれることがあるだろう・・・。私にとっては、パイルごっこよりは、こうした交信の方が比較にならぬほど重要なのだ。

El Camino Real 

何ともない、カリフォルニア ベイエリアの一画の通りの画像。サンフランシスコから数十マイル南に下った、Mountain Viewを通るEl Camino Realだ。右手には、Hilton Inn Mountain Viewがある。古い友人たちが、この通り沿い、またはこの通りからあまり遠くない地域に住んでいた。

実は、友人のSteve KB6VSEが、このサンクスギビングの休暇を、Palo Altoの実家で過ごすと聞いて、この辺りの画像、特に上記ホテルの画像を撮れたら送ってくれないかとお願いしていたのだ。2,3週間前のことだったろうか。先日、彼はわざわざこのホテルを訪れてくれて、写真を撮り、メールに添付して送ってくれた。残念なことに、ホテルは建て替えられており、昔の面影は全くなかった。でも、この通りは、昔を思い出させてくれる。Palo Altoの辺りのレッドウッド並木はどうなっているのだろう・・・。

以前記したことがあったが、最初に米国を訪れたときには、舞い上がり、行くことを友人たちに告げてまわり、今は亡き旧友のRalph WB6BFRが空港まで迎えに来てくれたのだった。そして、滞在したこのホテルには、今は亡きSteve WA6IVNが親しくしていたJohn KD6SUが訪れてくれて、食事に連れて行ってくれたり、何くれとなく相手をしてくださった。Johnは、主にVHFしか運用しない方だったので、交信したのは一度(それも帰国してから)しかなかったが、物静かで親切な方だった。彼が亡くなったことについても、以前記した。

Steve KB7VSEは、この近辺の育ちで、この辺りで遊びまわっていたらしい。来年か再来年に来日するつもりでおられるらしいので、たのしみなことだ。

それにしても、時間が経ったものだ・・・。


IMG_0500.jpeg